×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2010年4〜6月期how的ドラマランキング

 


how的今クールのドラマランキング。
今クールはなんと言っても"Mother"です。下記にコメントしてますが、再放送等があれば是非初回だけでも見て欲しい。見た方がいい。それくらいの出来でした。

1.Mother
 今クールはなんと言ってもこれ。泣きました。子役の芦田愛菜ちゃんの演技がすげぇ。松雪泰子さん、田中裕子さん、高畑淳子さんの3人の演技も圧巻。そして、映像が映画のように美しかった。特に初回はストーリー、映像全て満点と言っていい出来。再放送等があったら、絶対に初回だけでも見て欲しい。それくらい素晴らしい出来でした。この初回は文句なく、この数年でNo1と言ってもいいくらい。ぜひ見て欲しい。おススメ。

2.チェイス〜国税査察官〜
 NHKらしいスケール感。脱税コンサルタント役のARATAさんはあまり知らなかったんだけど、凄い存在感でこの人をこの役に配置した瞬間にこのドラマの勝利が決まったと思う。他のキャストも素晴らしく回数が少ないのが残念でした。あとエンディングの映像、音楽もこのドラマにあっていて凄く好きです。

3.新参者
 毎回容疑者毎の人間ドラマがあってだんだん核心へ。原作知りませんが、こういう本だとしたら連ドラ向きの作品だったと思います。

4.チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋
 続編モノ。高値安定。映画版見てないんだけど、これどうやって2時間でまとめたのだろう。

5.ヤンキー君とメガネちゃん
 漫画原作モノとしては、意外に良く出来ていた。原作の雰囲気をうまく伝えられたという意味では、漫画ドラマモノとしてはかなり上位の出来だったと思います。僕は結構好きでした。

6.女帝 薫子
 桐谷美玲、黒川智花ということで見てました。嬢王よりは面白かった。

7.警部補 矢部謙三
 トリック映画版に合わせたスピンオフ。矢部は小ネタだから面白い。全編矢部だとちょっとくどすぎる^^;

8.月の恋人〜Moon Lovers〜
 キムタクうんぬんの前にストーリーが。。。キムタクで数字落とせないから主役級女優頑張って3人もブッキングしたけど収集つかなくなちゃった的な。どこで嫌ってどこで惹かれたのかわからん。シュウメイが結婚して全部奪って復讐とか言ってたから、どこかで裏切るんだと思ってたらすっかり惹かれてるし。どこで??挙句の果ては、まったくそぶりのなかった真絵美に落ち着くとか^^;
それでもいいけどもう少し持っていき方あるんじゃない?だったら最後空港まで追いかけなくてもいいんじゃ?あれじゃ本命駄目だったからやっぱお前しかいない、にしか見えないけど、それでいいの??
とりあえず最終回で多少カバーしてたけど北川景子はもったいなかったです。旬だから数字合わせに使われたとしか思えない。

以下、ほぼ初回で挫折したもの。
9.絶対零度〜未解決事件特命捜査〜
 上戸彩。ん〜、この枠のきゃぴきゃぴした上戸彩苦手でダメだったので、これはちょっと期待してたのですが、、、これなら他の子がやっても同じだよね?って感じで主役の輝きを感じられませんでした。上戸さんは僕の中では脇の方がいいんだなぁ。

10.同窓会〜ラブ・アゲイン症候群
11.素直になれなくて

 ツイッタードラマというふれこみで初回見た。酷かった。以上。

□4〜6月期各賞
最優秀主演女優賞
松雪 泰子(Mother)

最優秀主演男優賞
江口 洋介(チェイス〜国税査察官〜)

最優秀助演女優賞
芦田 愛菜 (Mother)

最優秀助演男優賞
ARATA(チェイス〜国税査察官〜)

話題賞
田中 裕子(Mother)
水野 絵梨奈 (チェイス〜国税査察官〜)