×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2009年7〜9月期how的ドラマランキング

 


how的今クールのドラマランキング。
正直、今クールはめちゃくちゃ当たり!というドラマがありませんでした^ー^;
忙しかったのもあって、挫折してほとんど見ないでスルーしてしまおうかと何度思ったことか。。。
次のクールに期待します。。。
「MR.BRAIN」と「魔女裁判」はクールをまたがるので、一応こちらでまとめて評価対象にしております。

1.任侠ヘルパー
 意外でしょうか?^ー^;
 草なぎくん&メイサの演技がなかなか。トータルとして、なんとなく楽しめた唯一の作品だったかなぁ、と。

2.救命病棟24時
 一番まともでしたので、おそらく多くの人がこれが1番なんじゃないかな。
 惜しむらくは4回短くなったからなのか、問題提起としてはいいんだけれど、ドラマとしての結論がどうにも消化不良気味で終わってしまったかなぁ、というスッキリしない感じがマイナスポイント。スペシャルドラマが決まったみたいなので、そこが本当の最終回なのかもしれませんね。それ次第でこのドラマの評価は変わるかもね^ー^;  

3.官僚たちの夏

 主演の佐藤浩市さん始め、役者陣の演技が素晴らしかった。
 脚本もまぁ、外れの無い固いストーリーで手堅かったかと思います。トータル的な作品としての出来は一番かもしれません。

4.オルトロスの犬
 初期設定はよかったと思うんですけどねぇ。。。そういう意味では初回は面白かったんだけど、、、
 回を追う毎にストーリーが破綻していった感じ。神の手を持った悪魔、とかもっと極端な味付けでよかったんじゃないかなぁ。もったいない。 

5.魔女裁判
 2転3転するストーリー。刺激だけって感じで、どうもなぁって感じでした。全5回くらいにコンパクトにまとめたらもう少しよかったかも。なんか無理矢理長くしたような間延びした印象。

6.華麗なるスパイ
 ドラマではないよなぁ。なんかのコント?って感じ。
 ドラマとして見るなら、小学校低学年向けって感じでしょうか。。。

7.MR.BRAIN
 1話と最終話だけあればよかったね。伏線かな?と思ったところが特になんの意味も無い設定だったり、どうにもこうにも。まぁ、どうしようもなかった。
 この枠のドラマ全般的に言えることだけれど、
 ・レギュラー、ゲスト含め出演者が無駄に豪華。お金の使い方を間違えている。
 ・CGが貧弱。お金の使い方を(以下略
 ・画作りが良くない(僕の好みでない)。キレイすぎるというか、妙に画面がクリアというか、明るい。カメラの機材的なものなのか、照明の具合なのか。。。それがセットをセットにしか見えなくなってしまって、現実感、ドラマ感に乏しくて、コントにしか見えなくさせている。お金の(以下略

以下、ほぼ初回で挫折したもの。一応順位付け。
8.ブザー・ビート〜崖っぷちヒーロー〜
 
北川景子だから見たかったんだけどねぇ。。。山Pのワンパターン演技に耐えられませんでした^ー^;

9.赤鼻のセンセイ
 
密かに期待してたんだけどね。

10.コールセンターの恋人
 
うん、、、 

11.メイド刑事
 
僕の好みで無いタイプのコメディでした。福田さんが劣化というか、あってないというか、、、

12.こちら葛飾区亀有公園前派出所

 出ている誰も得しない、というかマイナスしかなかったんじゃないでしょうか?^ー^;

□7〜9月期各賞
最優秀主演女優賞
松嶋 菜々子(救命病棟24時


最優秀主演男優賞
佐藤 浩市(
官僚たちの夏

最優秀助演女優賞
比嘉 愛未(魔女裁判

最優秀助演男優賞
北大路 欣也(官僚たちの夏

話題賞
加藤 清史郎(任侠ヘルパー)