×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

2005年7〜9月期how的ドラマランキング



how的今クールのドラマランキング。
今クールは結構力の入ったドラマが多かった気がします。5位くらいまでは、どれを何位にしてもいいくらいで、迷いに迷いました。

1.いま、会いにゆきます
ストーリーと映像が素晴らしかった。この手の映像作らせたらTBSはうまいですね。
個人的にはミムラが苦手なのですが、それをおいても良かったかな。
高校生のころ役の黒川智花ちゃんがすげーいい。

2.電車男
思いっきりコメディに振ってもらったのが良かった。漫画とか立ち読みしたことあるけど、キツかったので ^−^;
ラブラブモードの伊東美咲最強 ^−^
そして、今クールの裏目玉、白石美帆!
毒電波的には、白石美帆ってあれじゃん?黒じゃん?^ー^;
まんま、素はこんなんじゃん?って裏設定通りって感じが面白かったです ^ー^

3.海猿
映画版から続きのストーリー。映画見てる見てないで思い入れがちょっと変わるかも?
力入れてるだけあって、脇まで充実してて全体的に良かった。夏八木勲好きなんですよね ^−^
一番の収穫は加藤あいさんの演技じゃないでしょうか。正直、今までそんなに巧いと思ったことなかったんですが、凄い良かった。
難を言えば、ストーリー詰め込みすぎな気がしました。

4.ドラゴン桜
ある意味では今クール一番楽しめたドラマ。漫画では、まだストーリーが続いている(みたい)せいか、最後の方はめっちゃ駆け足&不十分な気がしましたが ^−^;
今クールの注目の一人、新垣結衣ちゃん ^−^

5.がんばっていきまっしょい
トータル的には、もしかしたら今クールで一番良かったかも、ってドラマ。泣いた。。。
それだけに途中の例の事件で出演者交代等々が残念でした。

6.女王の教室
良くも悪くも話題のドラマ。初回とラス前、最終回見ればOK。そこでの主張は結構共感する部分もあるんだけれどもね。 でも、だからといって、あのやり方はどうかと思う。そこまでできる人なら、もっと他にやりようあるだろーみたいな。3〜4回くらいの救いの無い回で基本終わってる。
それでも最後までなんとかチェックできたのは、主演の女の子に演技的にも、ストーリー的にもかなり助けられたから。ノーテンキか、ものすごく人がいいのか、ああいう解釈できなかったらストーリー的になりたたないよね。普通、ムリだろ ^−^;
クレームがつかなかったら、最後の方はまた違った展開だったんじゃないのかなーと疑っています ^−^;

7.スローダンス
深津さんによる、深津さんなドラマ。30代女性限定な感じ。薄い。

8.一番暗いのは夜明け前
最初の2回と最後の2〜3回だけでOK。途中の回になんの意味があったのかワカラン ^−^;

---
9.幸せになりたい!
フカキョンのドラマ。2回目途中でパス ^−^;

□7〜9月期各賞
最優秀主演女優賞
鈴木杏(がんばっていきまっしょい)


最優秀主演男優
伊藤淳史(電車男)


最優秀助演女優
加藤あい(海猿)

最優秀助演男優
仲村トオル(海猿)

話題賞
志田未来(女王の教室)、白石美帆(電車男)