×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

2003年1〜3月期how的ドラマランキング



how的今クールのドラマランキング。
今クールは、平均点高かったように思います。最近では珍しく、最後まできちんと追いかけたドラマが多かったのがその証でしょう。ただ、その分ずば抜けて面白かった!というのも無かったかも。

1.美女か野獣

松嶋菜々子&福山雅治という時点で僕のツボなのかもしれません。ただ、この2人に収まらず、脇を固める人たちが抜群だった。脇まで含めて僕のツボなキャスティングだったとも言えるのかもしれませんが、それにとどまらず、きちんと一人ひとりのキャラが立っていて、素直に楽しめました。
また、スカパラの曲がとても合っていて、その点でも良かったです。

2.最後の弁護人
阿部寛主演。これも僕のツボ。役者デビューのころは、へたくそだな〜ととても嫌いだったのですが、ある時点で突き抜けた感がありますね。最後にもう一ひねり欲しかったところ。
ロバさんは裕ちゃんも出ていた、ギンザの恋の時はもう少しマシに見えてたのですが、ちょっと顔が太ったかな?なんか、全然かわいくなく ^ー^;
翼くんも出てます。タッキーとの扱いの差は悲しいところ。このあたりが、なぜかシングルもタッキー&翼だった原因なのか?(といっても、セールスみたら思ったより伸びなかったですね。意外でした)

3.Good Luck!
視聴率男といったらこの人、キムタクドラマ。
この1〜3位までは、順位迷いました。このところのキムタクドラマの中では好きな部類に入ります。なのに、3位にしたのは、1位にした美女か野獣での評と対局のところが理由かな。笑いながら怒る男^ー^;とか、黒木瞳とか結構好きな役者が出てたのですが、ちょっと使い方がもったいなかったかなぁ、と。内山理名なんて、扱い悪すぎない?もったいない。
あと、このドラマ流れてから「ぶっちゃけ」って言葉が恥ずかしくって、使いづらくなったのが「ぶっちゃけ」困ります ^ー^;


4.高校教師
続編&ソニンがでてる、森田童子の歌を差し引いたら、まったくつまらないドラマなのでは。
かろうじて、あの歌で雰囲気を保っていたというか。桜井幸子や遠山さんの持っていたあの雰囲気を今回のヒロインに求めてはいけないのかもしれませんが、、、
今回の主役は結局、前回からキャラと背景をうまく引きずったヒーローヲタクさんですね。一人勝ち。

5.熱烈的中華飯店
一言で言えば、三谷ドラマの出来損ない。三谷幸喜が脚本書いてたら面白かっただろうなぁ〜と思う。

6.いつもふたりで

まぁ、なんというか、一昔前のトレンディドラマ。
長谷川京子を見るためにあったドラマ ^ー^