×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

2002年1〜3月期how的ドラマランキング



今クールの各ドラマも終わりましたね。
ということで、how的今クールのドラマランキング。

1.ロングラブレター 漂流教室
はっきりいって、始まる前に一番抵抗のあったドラマでした。原作を壊しちゃうんじゃ無いかなぁ、と。でも凄い制作陣、役者陣が頑張っていて、良いドラマになっていたと思います。基本的には学校というワンシチュエーションのようなドラマで、長台詞が多くなりがちでしたが、それを苦に感じさせない役者陣の力。CGや特撮での制作陣の努力。違和感なく、良い出来でした。

ただ、最後はああいうオチつけなくても良かったのではないでしょうかね。あれがなくっても十分「希望」を感じさせるエンディングだったと思うのですが。CGの出来もここまでの努力と比べると?な感じで、ちょっと残念でした。

でも、最終回が良かったから、1番に持ってきたと思うくらいには良かったです。

2.恋ノチカラ
ある意味王道なOLドラマ。でも、僕の今の心境にマッチしちゃいました。ロングラブレターとどっちを1番にするか迷うくらい良かった。安全作な分、こちらを 2番にしました。

3.プリティガール
稲森いずみによる、稲森いずみのためのドラマ ^−^
稲森いずみはやはり、こういった天然というか、天真爛漫というか、こういう役はまりますね。まさに個人的な好みでしょうか ^−^; 
しいていえば、相手役のモテナイ暗い役に、米倉涼子っていうのはムリがあるというか。。。もう少し演技頑張りましょう。宇津井健と片平なぎさが良い味を出しておりました。

4.恋するトップレディ
可も無く、不可も無くってところでしょうか。
「人にやさしく」同様、問題発生→解決・感動というパターンのドラマでしたが、ストーリー・役者の力でこちらの方が完成度の高いものになっていたと思います。山口さやかは何気に凄い。

5.ギンザの恋
回が短縮されないのを見てみたかった。最終回がガタガタになってしまいました。 最終回さえ良ければ、もう少し上のランクになっていたと思うドラマ。ベイシティローラーズ(だっけ?)のベストアルバムとか聴きたくなりますね。


回も短くなったし、会社の子まで手を広げないで、主人公&ヒロインと裕ちゃんの3人でのドタバタに絞り込んだら良かったんじゃないでしょうか。ANNとか聴いていると、他にも平山綾ちゃんとかがからんでくる予定だったようなので、さらにドタバタになる可能性があったようですが。一番の被害者という話あり ^−^;

クレジットまでされていた、クワバタオハラがほんの1瞬しか出てなかったのが笑える。最後まで放送されていたら、もう少し出番あったのでしょうか。

6.人にやさしく
もう、ここから下は正直つまらなかったドラマになります。でも、見ていたんですけどね。
人にやさしくは、なん となく見ていましたけど、まぁ、コントですね。怒鳴りまくっていて、見ていて疲れました。 3ピースが流行らなくってよかったなぁ、それくらいの感想。

7.ナースマン
流し見していた「人にやさしく」よりも評価が低いこのドラマ。リアルタイムで見れなかった回は時間がないと、なっちが出てるところしか見てない回も正直あります ^−^;

内容もさることながら、僕が見ていて辛かったのは極楽トンボ山本さんの演技。 なんか、コントの時の説明調・平坦な語り口のまんま。コントの場合は、ああいう味とかキャラとかってことで、OKだと思うのですが、ドラマだと過剰演技でしかないです。どんなになっちで盛りあがっても、山本さんの台詞で一気に冷めてしまいました。今クールだけで比べたら本来のキャラに近い、加藤さんの圧勝ですね。月9の時のドラマは見ていないのですが、どうだったんでしょう。

小林聡美。良いです。

※木更津キャッツアイは見逃した回が多いので、評価対象外。
見逃していたってところからハマラナカッタのでしょうね。ちょっと前なら、金曜9時台のドラマって感じ。
酒井若菜というのは個人的には、すっげーかわいいって訳でもなく、でもなんか気になるような不思議な存在だなぁと思っていましたが、今回の役は良かったですね。
主演はV6の岡田君。岡田君良かったですね。V6の中では一番演技うまいんじゃないでしょうか。っていうか、今回の役で僕の中では、ジャニーズの中でもかなり上位 にランクイン。