×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ステージレポート



2007 劇団シニアグラフィティ第4回公演 〜昭和歌謡シアター『横須賀ストーリー』〜 in 北千住 THEATRE 1010 2007/4/24


渋谷からだと半蔵門線〜東武線で1本で行けるので結構楽。
北千住を降りると、右手に丸井。そこの11階が会場であるTHEATRE 1010。
1010って、、、って思ってたけど、0101を反対にして1010なんですね。へー

e26oさんと合流して会場へ。
初日ってこともあって、平日なのにkeigoさんやちゃむさん、シーズン君やクロイスさん、リーさんやALIENさんなどなど馴染みの顔ぶれも ^ー^
1階はそこそこ埋まってましたね。

席は6列センター付近。なかなか見やすい。
開演のブザーとともに、大森さんが出てきて前説 ^ー^;
二部構成で、一部が劇で二部が歌謡ショーになっているらしい。

第一部:劇
劇中でうたわれる曲。
1.横須賀ストーリー(オリジナル:山口百恵) / 後藤真希
2.ロックンロール・ウィドウ(オリジナル:山口百恵) / 後藤真希
3.???(曲名不明) / 前田有紀
4.夏のお嬢さん(オリジナル:榊原郁恵) / 里田まい
5.インナーチャイルド / 後藤真希
6.横須賀ストーリー(オリジナル:山口百恵) / 後藤真希


たぶんこんな感じ。順番は曖昧、役名は全員分わからないので割愛^ー^;

内容としては、、、 とにかく脚本がなぁ。。。
ん〜〜〜ハロプロの舞台としてみたら中の下くらい?
小劇場に劇を見に来たと思ったら下の中って感じですかねぇ。。。
正直ごっちんが出てなかったら、歌が無かったら、あと数回見るのは辛いレベル ^−^;

笑わすところは、それなりに面白かったんだけど、それもストーリー本筋じゃなくって役者の演技だったりトークだったりで。
泣かすところは、中途半端。
もう少し親子対面なり、どっちを取るかなりに絞って時間をかけてクライマックスとして盛り上げたらいいんじゃないでしょうか。
クライマックスのシーンが短いの3つくっつけたような感じで、感情移入する間もなく次に展開しちゃう感じで、、、

この脚本のどこのどの部分がタイトル曲の"横須賀ストーリー"からイメージされたものなのかを誰か教えてください ^−^;

ごっちんの歌は横須賀ストーリーよりもロックンロール・ウィドウの方が良かったかな。
演技はいつものごっちんの演技って感じ。なかなかよかったけど、舞台向きになってないよね。
今回は今までと違ってマイク無しの生声(だよね)での舞台。
それならば、それなりに発声から演技から変わってくるわけで。それくらいは指導されるくらいなければ、こういった小劇をやる意味が無いんじゃないかなー
結局、そういうことを準備する期間の無さが全てなんでしょうね。初日ってこともあるでしょうが、舞台全体的に手探り状態に思えました。

ライブやミュージカル、ごっちんメインのものは全部買ってると思うけどこのDVDは買うか迷うくらいの内容です。。。
これから千秋楽に向けて完成度が上がってくれることに期待します。

第二部:歌謡ショー
1.お前の涙を俺にくれ / 前田有紀
2.インナーチャイルド / 後藤真希
3.オヤジの心に灯った小さな火 / 里田まい with 藤岡藤巻(大森ヒロシが代わりに歌う)
4.シークレット / 後藤真希


インナーチャイルドとシークレットで衣装チェンジ。
その間に里田さんの歌。そういやこんなの出すって小耳に挟んでましたね ^−^;
曲の内容は派遣社員とエロ課長という、あれ大森さんの代わりに里田ヲタの大きなお友達が歌えるってことになっても喜べないんじゃないかという歌詞でした^−^;

そしてシークレット。
衣装は歌番組に出てたやつじゃなくって、シングルDVDとかのジャケットのような衣装。
生シークレットはやっぱよかった。。。
これ聴くために行くようなものだな ^−^