×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


コンサートレポート



UTADA UNITED2006 レポート in 代々木第一体育館 2006/9/10

横浜メロンのお誘いなどもありましたが、本日は宇多田ヒカルのコンサートへ。
1度見たかったんだよね。

開場して少ししたくらいの時間に原宿着。
なんだか駅がものすごい混んでる。最近、原宿行くと途中の明治神宮の前とかいつも同じような軍団(黒い衣装と赤いつなぎ)がいつもいるんだけど、なんなんでしょ?

暑かったし、当然知り合いもいないしってことでさくっと入場。

席はDブロック3列。見やすい。
ぱらぱら空席もありましたが、上の方までほぼ満席といっていい感じ。
カップルも多いけど、全体的に女性の方が多い感じでした。当然、両サイドも女性。声援も女性の声の方が多く感じた。

ステージには楽器類が置かれていた。
しかし、もっとど派手なセットが組まれてるイメージだったんだけど、特にセットは見えずシンプル。
シンプルなステージなのかな?とか想像。

開幕してステージの仕掛けに気づく。
後ろは全面スクリーンになってて、曲にあわせた映像が背景として展開される。すげぇ。なんだこれ ^−^
ある意味、宇多田らしいセットじゃないかと ^−^
このスクリーンはモニターじゃなくって、スマスマのセットみたいに電飾を光らせてるようなものでした。
特にサイドのスクリーンは電飾の間は空間になっていて、後ろが透けて見えるので、曲にあわせて左右に動いてステージに変化をあたえてました。

というわけで、オープニングのムービーが流れてステージ開幕。
ドラム、パーカッション、ベース、ギター、キーボード、キーボード&ギターといった構成。

01. Passion
  しっとりした曲の熱唱からスタート。 

02. This Is Love
03. traveling

  アルバム曲を挟んでtravelingキタ!

04. Movin' on without you

  traveling〜Movin'とか大好きな曲が続けさまに。楽し!
  やっぱすげーよ、ヒッキー

05. SAKURAドロップス
06. FINAL DISTANCE

  歌い上げる曲が2曲つづいて短いMC。
  5年前に作った大切な曲です、ってことでこの曲。

07. First Love
  シンプルな演奏。”今”の歌。痺れた、、、

衣装チェンジ。その間スクリーンで戦争と平和みたいな映像と詩の朗読が流れる。

08. Devil Inside
09. Kremlin Dusk
10. You Make Me Want To Be A Man

  UTADA名義の曲を3曲。かっこよかったっす。

11. Be My Last (acoustic)
  演奏はチェロ1本で歌いあげる宇多田。。。すげぇ。。。

12. 誰かの願いが叶うころ (acoustic)
13. COLORS (acoustic)

  バラードコーナーの締めくくりは、COLORSのバラードバージョン。

14. Can You Keep A Secret?
  みんなウズウズしてない?ってフリからこの曲。

15. Addicted To You
16. Wait & See 〜リスク〜
17. Letters
18. Keep Tryin'
- アンコール -
19. Automatic

  もちろんこの曲もやりました!
  イメージよりも力強い。

20. 光

ツアーファイナルってことで最後にバンドメンバー全員で長めの挨拶。
ファイナルってことでちょっと期待したけど、特にサプライズは無かった。
一般客が多いからか、終了後混む前にダッシュで帰るみたいな感じでダブルアンコールとか不発。あれは無理だな ^−^;


久しぶりのツアーということもあってか、曲も2曲目とUTADA名義の曲以外はシングル曲ばかりとライトなファンにはやさしい構成。
アルバム出た後だから、もっとアルバム色の強い構成なのかなって思ってたので、これは嬉しい誤算でした ^−^

パワフルなボーカル&ステージ。素晴らしかったです。

昔のステージの印象&感想を聞くと、生だと声がでてないとか細いとかって噂を耳にしてましたが、全然そんなことなくって。MCを聞いてる感じだと、流石にツアーファイナルということもあって、ちょっと声がかすれてる感じだったんですけどね。ところどころ苦しそうなところもあった。
でも、全体的に伸びやかで力強く素晴らしいボーカルでした。


ヒッキーかっこいいじゃん!

ムリだと思うけどホールツアーとかやってくんないかな ^−^

ツアーお疲れ様でした。