×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

イベントレポート



ソニン 「あすなろ銀河」発売記念イベントレポート
in 渋谷HMV 2005/1/22


渋谷HMVでのイベントへ。17:20ころ店に着く。ステージ前の柵のあたりの待機所へ。みんな先にきてるだろうと思って、さくっと待機所へ入場するも、まだ誰も着いてなかった。あや免さん、ふる生きさん、ツナピコさんの順で合流。

17番の整理番号で入場。2列目センターちょい左の見やすい場所へ。連番だったツナさんが横、後ろにふる生きさん、あや免さんと4人近くに位置取り。

18時、ほぼ定刻どおりにイベントスタート。

■セットリスト
1.ジクソーパズル
上は黒いタンクトップの上に、カーキのジャケット(なんかのシャツを再加工したようなシャツ)。下はジーパンといういでたちで登場。白い薄型のエレアコを抱えて。以前に比べると、ストラップ長めに構えてかっこいい感じ。
スピーカーの音割れが激しく、心配したが、 次の曲からは大丈夫だった。

2.誰より好きなのに

3.ほんとはね。
ギター無しで、マイクを持って歌う。
ソニンが見つめて歌う。アイドルに目線を貰うのとは違う。ソニンの世界が飛び込んでくるというか。なにか、僕のイメージ的には真っ白い世界に引き込まれる感じなんだ。
みんな引き込まれているのだろう。しんっと静まった中にも、熱いような不思議な一体感が。
どちらの曲でも歌い終わり、「目が乾く。ライトが近いからかな」とか言うソニン。感情込めすぎて、うるうるしていることの照れ隠しだよね ^−^


4.I LOVE YOU 韓国語ver.
生ギターで弾き語り。最初、この間のイベントのことが頭にあったので、歌よりもギターに気がいく。この間のように、飛びまくるようなことはなかった。やっぱり、この間は緊張してたんだな ^−^;

5.あすなろ銀河
またまた、目線。ぐいぐい引き込まれていくオイラ。。。

- 握手会 -

右手前方より握手が始まる。前の方だったので、それなりに早めに握手できた。後半はスピードアップしてたけど、前半はとてもゆっくりした握手でした。前回のジグソーパズルのタワレコイベで感動して、ダンサーじゃなくって、バンドつけてライブしましょう!って言ったんだけど、今度のエッグマンが生バンドってことで嬉しいです。期待してます。みたいな話をつらつらと。かなりゆっくりしゃべれた。

凄い感動した。素晴らしかった。終了後、なんだかココロがじんじんしていた。油断したら泣きそうだった。

この数年、ソニンのイベントやライブを追ってきた。追い続けながらもなぜ、毎回毎回参戦してるのか自分でも良く分からず、毎回、今回は行こうかどうしようかな、って迷っていた。でも、行けば毎回、違った感動を与えてくれた。

そして、今日。
大きな感動が確信に変わった。
その確信はひとつの決心へと結びついた。
俺はソニンを応援し続けていく、と。

ほんとはね。のイベントの頃はもがき苦しみ、割れたガラスのような歌が胸に突き刺さった。
ジグソーパズルのイベントの時には、バンドを従えたソニンの歌がとてもかっこよかった。
そして、今日。
もがき苦しんだ日々を、良い経験・必要な経験をした、と笑って話せるソニンがいた。
スキル的にも、かなりしっかりとトレーニングを積んできてるのだろう。圧倒的な声量。

精神的な安定と、スキル的な安定。それらが交わり合わさって、鮮やかな表情を持つ"歌"を表現できるアーティストになっていた。このまま、もっともっと成長していってもらいたい。もっともっと、いろんな歌を聴きたい。噂されるアルバム、早く出ないかな。。。 なんか、感動しすぎて、何を書いても言葉が足りないような気がする ^−^;

ソニンの歌を生で聴いたことがない人は、1度でいいから彼女の歌を聴いてみて欲しい。
絶対に損はさせない。
今なら断言できる。