×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

ライブレポート



ソニンLIVE2005 in Summer レポート
in Shibuya O-West 2005/8/7


渋谷でふる生きさんと合流。
開場前に待っていると、なにやらカメラを持った取材みたいなのがインタビューしてた。
ECCやサトエリ、うたばん等々からお花が届いていた。Mステあたりはまだ分かるけれども、音楽戦士からも花がきてたけど、ソニン、音楽戦士って出たことあったっけ?

15分ほど遅れて開場。ちょい右サイドの2列目にスタンバイ。
O-Westは思ったよりも狭い感じ。横に広く、縦が狭いので、番号大きくても見やすくていいんじゃないでしょうか。

01.あすなろ銀河
衣装はこのところのロックな感じとちがって、黒いワンピース(下には紫のズボンはいてた)の衣装。
ソニン&バンドメンバー全員、髪の毛に一房のピンクの付け毛。
アコースティックギターを抱えて歌い出すソニン。

- MC -
ソニンが水を飲んで一息ついている間、たった一人だけで「ソニーン!」とソニンコールを連呼してる人がいた。
ソニン「一人元気な方がいますねー ^−^;」(会場笑 ^−^)
「この会場は横が広いんでね、見やすいと思いますが。最後まで楽しんでいって下さい」


02.誰より好きなのに(オリジナル:古内東子)
03.夏が来ない

- MC -
「最近すごく暑いですよねー。すっかり夏って感じで。でも、
今歌ったのは”夏が来ない” ^−^」
「重大発表があります!!!」と宣言して、会場がお〜〜〜と期待にどよめいたところ、すぐに「いや、たいしたことじゃないんですけどね ^−^;」と落とすソニン ^−^;
何事かというと、「今年の夏、久しぶりに水着を買った!」ということでした。
「最近のはこういうところ(腰の辺りに手をやり)
にヒラヒラがついてて、パジャマみたいなのとかいろんなのがあって」ということで迷ったけれども、結局は、普通のビキニに落ち着いたと。ただ、色がマリンブルーでめちゃくちゃ目立つので、遠くからでも見つけやすいので、海で見つけたら声かけてください、って ^−^;
一緒に海に行こう、ソニン ^−^


04.HELLO!新しい私
この流れで、ここにこれは微妙だった ^−^;

05.小さな夜旅

- MC -
小さな夜旅が主題歌になっているドラマ、「いちばん暗いのは夜明け前」について。
このドラマを見たことある人!とソニンが聴くと、もちろんたくさんの人が手を上げました。
「あら〜〜、みなさん夜更かしで」
いや、録画してみてるけどね ^−^;

「この会場へは2時入りすることになっていて、喉のコンディションをベストにするためには、その3時間前には起きなくちゃいけないんですね。だから、11時に起きようって決めて」
「あ!3時間じゃない!4時間だった!」と、間違えてたらしいソニン ^−^;

「さて寝るか、というところで、ふと、2時からドラマあるんだっけって気づいたんですね。」
「実はリアルタイムでこのドラマを見たことなかったので、2時までもう少しだし、これを見てから寝よう、と。」
「んで、テレビ東京にチャンネルを合わせて見ていたら、1時57分ぐらいになってもまだ前のバラエティみたいな番組やってるんですよ。おっかしいなぁ〜と思って。」

「野球で押しているのかぁ?」
「でも、テレ東に限って野球ってことはないだろ〜〜〜〜。おかしいなぁ〜?」
「とか考えてるうちに2時過ぎてるんですよ!」
「あれ?なんで????ドラマは日曜2時でしょ?、、、、、今日は土曜日じゃん!1日間違えてたジャン!^−^;」

で、これに気がついたソニンは、「これで今日のライブ成功するなって思ったんです!」と。

何で????何時間寝て、何時に起きてとか成功させるためにきっちりスケジュール考えて行動してきてたソニンが、計画が狂ったのに何で成功するって思考に結びついたの???と???マークいっぱいな会場 ^−^;

「笑いの神が降りてきたんだ、って」
うっぉお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い。
きっと、心の中では会場中、総突っ込みだったと思われ ^−^
後ろのバンドメンバーも苦笑いでした ^−^;


06.IN DREAMS(
オリジナル:LENA PARK)
今まで韓国語では”I LOVE YOU”の韓国語バージョンをお届けしてきましたが、別の韓国語の曲、ということでこの曲をカバー。クライマックスで熱唱するソニン。。。圧倒されました。”I LOVE YOU”よりも全然いいよ ^−^

- MC -
「この曲は、ラジオで聴いてすごく印象に残った曲で、今回歌ってみました」
MC中にキーボード以外のバンドメンバーがはける。あ、あの曲だな ^−^

07.ほんとはね。

あいかわらず、この曲では空調の音までが聞こえてくるくらいの静寂の中、ソニンの歌声だけが響く。
ただ、よりによってこの曲で、この曲のサビ前でなにやら後ろの方でもめているような声が聞こえてきた。。。出て行けよ。ほんの一瞬だったのが救い。。。

- MC -
ここでステージの中央に椅子が2つ用意されました。一つはもちろんソニン用で、もう一つはギターの人用の椅子。
ソニンが作詞作曲した”心のえさ”についての話。この曲は1年くらい前、去年の5月頃に作った曲で、寂しいことや悲しいこと、辛いことがあった時にも、心にえさが必要なんじゃないかな、という気持ちで作ったそうです。歌詞が聞き取りづらかったこともあるでしょうし、ということで、今回はアコースティック・バージョン。

08.心のえさ(アコースティック・バージョン)

ここから11曲目までは、椅子に座りながらギター&歌。

- MC -
ギターの話。ギターを始めたのはちょうど今から3年前。あれからギターの腕前は多少上達したけど、まだまだ。まだこれ(といいながら”カポ”を指差す)を使っている時点でダメだとかいうトーク。いや、カポは別にいいんじゃん?^−^;
ギターを始めたばかりの頃に、サンパール荒川で初めてろくに弾けないのにギターの弾き語りをやって。
「その時はギターの音もピン!ピン!という感じで ^−^;」
その時に歌った曲を聴いて下さい、ということで次の曲。

09.Lovin' You(オリジナル:Minnie Riperton)

10.インストゥルメンタル
バンドメンバーが再び登場し、ソニンも椅子に座ったまま演奏し始める。
ソニンの演奏とバックの演奏の一体感はなかなか良かったです。

11.奏(かなで)(オリジナル:スキマスイッチ)
ソニンのボーカルには圧倒されました。バックの演奏も良かった。
付け毛に象徴されるかのように、よりバンドとしての一体感がでてきたかなーって思いました。


前半は、ワンピースの衣装が象徴するかのようにしっとりとした曲が続く。
アストロホールと会場が違うから、その分音響がいいのか、PAがいいのか、おそらくその両方なのだろうけれども、素晴らしく音が良く、ソニンの声を堪能。


- MC -
歌い終わると、演奏が続いている中、いったんステージからはけるソニン。
演奏が終わると、衣装チェンジして再登場。黒いワンピースを脱いで、黒い胸元の大きく開いたタンクトップに赤いシースルーの上着。会場からは軽いどよめきが ^−^

そしてステージを見回しながら、「みなさん、たまっちゃってるんじゃないですか〜?」とイタズラっぽく言うソニン。その衣装でいたずらっぽく言われると何が?、って感じなんだけど ^−^;
「徐々に盛り上げていきますよ〜〜!!」
会場まばらな反応 ^−^;
「・・・あれっ!?しっとりさせすぎちゃったかな?^−^;」


12.カレーライスの女
13.ジグソーパズル
ホイッスル〜!
ん〜、この曲はやっぱりテンションが上がる ^−^


14.ADA BOY & DA GIRL
「ジャンプ!ジャンプ!」と煽るソニン。途中、1回が2回になり、2回が3回になり、3回が4回になり、、、最後は「続く限り!」とエスカレート。
あまりに激しかったので、おぱーいがこぼれちゃうんじゃないかとヒヤヒヤでした ^−^;

15.拝啓、殿様
3回目にして、”拝啓、殿様”もこの追い込み部分に入ってきました ^−^

16.東京ミッドナイト ロンリネス
なんとなく、最初の盛り上げ曲みたいなイメージのこの曲が本編の締めに。

- アンコール -
衣裳チェンジ。さっきの衣装の上から白いTシャツをきた感じ。

- MC -
「またまた新しい曲です!」ということでこの曲へ。

17.かたまったマイハート 〜まいった〜(正式表記不明)新曲!(作詞:ソニン!!!作曲:つだ♀まさごろ)
→(カタマッタ)my heeart(マイッタ)(作詞作曲:つだ♀まさごろ):センチュリーランドにまさごろさん本人より情報提供あり
この曲ではタンバリンを持つソニン。
ソニンの曲にはいままでなかった感じの、プリティーな曲でした ^−^


- MC -
この曲は元々つだ♀まさごろさんが作った曲に、ソニンが作詞をした、とのこと。(って言ってた気がするんだけれど、センチュリーランドの情報だと違うみたい)
ふる生きさんの話によると、去年のお台場ライブでまさごろさんが歌った曲らしい。
「まさごろさんも、毎回ライブに来てくれて」と言うと、すかさず、まさごろさんが「先輩がんばって!」と言ったので、会場が沸いた。

最近のライブでは、毎回カバー曲を何曲か披露していて、毎回何を歌うかいろいろ考える。前回のライブで、松任谷由実さんの『翳りゆく部屋』をカバーしていましたが、この曲を超える曲が見つからなかった、ということで、今回もこの曲を。


18.翳りゆく部屋(
オリジナル:松任谷由実)
今回は歌い出しのところはアカペラ。
前回は椎名林檎がカバーしてるって聞いて、林檎っぽい歌い方だな、って思ったけれども、今回はしっかりとソニンの歌になってました。感心 ^−^


- MC -
「次の曲が、本当に最後の曲になります」とソニンが言うと、もちろん会場からは「えぇ〜〜〜!?」の声が。
「これでも曲増やしたんですよ〜 ^−^;


と、ここで「真面目な話をしていいですか?」と、いつもの説法モードへ ^−^;
「みなさんは、夢ってありますか?」と今回は夢、ということで、わりあい重くなくすみました ^−^

これまで、“夢”というのは口に出してしまうと、叶わないことのように感じるから、“夢”という言葉はあんまり使わないようにしていた、とソニン。
でも、大きな夢ではなく、小さな夢を一つひとつ叶えていけば、次に進んでいける、ということを思うようになった、と。それは、ある大きな成功を収めているアーティストの方の言葉に触発されたからで、一度お話をした時に、今のポジションになるまでにやってきたことを聞いたら、「毎日毎日、その日にやることを100パーセントやってきたから」と答えられて、それがすごく印象に残ったから、というようなお話でした ^−^


19.決心した夜

しっとりと歌い上げていました。曲の後半ではバンドメンバーを紹介して、最後の方はステージ上のソニンも会場も一体になって手を左右にふりつつ終了。。。

最後に、バンドメンバーみんなと一列になって、手をつないで大きく礼をして退場。

曲数も増えたということもあって、たっぷり2時間のライブ。増えてた?!ってくらいあっという間に感じましたが ^−^;
満足 ^−^

早く次の公演を発表してー。ごまコンと被らない日程でよろしく!

終了後、ふる生きさん、川崎のロコフェスから移動してきたT.Sさんと3人で軽く飲んで帰宅。