×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

イベントレポート



ソニンLIVE2005 ”あすなろ銀河”レポート
in 渋谷eggman 2005/2/11


ここ最近のソニンの歌、そして待望の生バンドでのライブということで期待に胸を膨らませ渋谷へ向かう。

会場近くで、ツナピコさん、あや免さん、ごまどらさん、つじけいさんのお友達と合流。少し遅れてなっちレビューから移動してきたふる生きさん合流。

開演予定時間ギリギリって感じの時間にやっと入場できた。早々とSOLD OUTになっていた、この公演。約250人ってところで、超満員。真ん中にある柱が邪魔 ^−^;

そんなに前の方にいけないし、下の段に降りると背の低いオイラじゃ厳しかったので、段の上に移動。
横には関係者やプレスの人みたいで、セットリストを印刷した紙を持っていた。見ちゃいけない、と目をそらしたけれども、1曲目が見えてしまった。。。

10分くらいおして、19:10頃ライブスタート。
ちょっと長くなってきた髪の毛を、上の方だけ無造作に結んでる感じの髪型。この髪型好きだな。
辛うじて顔が見えるって感じ ^−^;

01.ジグソーパズル
1曲目はこの曲から。やっぱこの曲はバンドでの感じが最高にいいね。

02.カレーライスの女
カレーライスの女もバンドで新鮮でいい感じに仕上がってた。

- MC -
03.WINTER 〜寒い季節の物語〜
こちらもバンドアレンジ。やっぱこの曲は名曲だね。
ごっちんにください。(オイ ^−^;

04.誰より好きなのに(古内東子/あすなろ銀河のC/W)
- MC -
僕は見逃してたんだけど、「金曜日のスマたちへ」での番組企画で、女子刑務所への慰問公演をした話。
ソニンは"こういう慰問公演というのは、もっと大物の方が行くものじゃないかというイメージがあって。私みたいな小娘が行っていいのかな?"と思っていたらしい ^−^
最初は心配で空気も止まってる感じだったけれども、
だんだんと拍手や表情から、歌が届いているのを感じて、歌に対して思う気持ちは変わらないんだなぁ、"あ、みんな同じなんだ。同じ人間なんだ。"ということを感じたって話。
そして、この時のライブで歌った曲で、世の中にこんな良い歌があったのか、と思った歌を歌います、と化粧へ。

05.化粧(中島みゆき)
圧巻。ソニンにこういう情感たっぷりの曲歌わせたらハマルよね ^−^;
歌い終わりに中島みゆきさんの曲ですって言われるまで誰の曲か分からなかったんだけど、妙に納得してしまいました。次はみゆきさんに曲書いてもらおう ^−^

- MC -
06.さよならした日から(青春のSUNRISEのC/W)
ドラマーソニン。始めたばかりのわりにはマトモ ^−^

- MC -
07.悲しくてやりきれない(ザ・フォーク・クルセダーズ)
先日のヤクルトホールにイベントの話からこの曲へ。イムジン河かな?って思ってたけど、こっちの方が一般受けはいいかもしれませんね。

- MC -
08.I LOVE YOU(韓国語 Ver.)
一番、生で聞いてるのが多い気がするこの曲も久々のバンドバージョンで新鮮に聞けたかな。

- MC -
09.ほんとはね。
ほんとはね。を歌うソニンにはずれなし ^−^

- MC -
後半戦盛り上がっていきましょう!
ほんとはね。で引き込まれたところから一気に後半の盛り上がりへ。イイ感じ。

10.HELLO!新しい私
11.東京ミッドナイト ロンリネス
12.青春のSUNRISE
これらの曲もバンドアレンジでカッコいい。
特に東京ミッドナイトロンリネスは、こんな良い曲だったっけ?ってくらいかっこよかった。なんとなく、横浜蜃気楼を生バンドで聴きて〜〜〜と思った。こんな感じでカッコよくなるんじゃないか、って感じたんだよね ^−^

青サンのユウキラップは、ベースの人が担当。後でどらさんから聞いた話によると、ベースの人はDo Asとか演ってる人とのこと。和田さんの事務所のこれからのバンドとかがバックにつくのかな?って思ってたけど、ちゃんとしているらしい ^−^
ギターの人は左利きだったから、もしかしたら渋谷タワレコのときと同じ人かな?


アンコール
- MC -
まだこの曲をやってなかったよね、ニヤリと笑うソニン。
「これからも楽しく歌を届けていきたいと思います、音を楽しむ、と書いて“音楽”ですからね」


13.あすなろ銀河
- MC -
ソニン節炸裂。最近のMCで多い世の中を想う言葉。
「痛ましい事件が多く起こっていて、今の社会ってどこかおかしくなってるんじゃないか、崩れてきてるんじゃないか、って思います」
「みんなが人のことを思いやる気持ちや、人を助ける気持ちを持っていればいいんじゃないか。そして、今の自分に何が出来るかをいろいろ考えてみたけど、やっぱり自分には歌しかないな、と思いました」
「相手に届いたかどうかはわからないけれど、どこまで届けることができるか分からないけれども、ここに来ていただいたみんなには伝わったのかな、と思います」
「そんなみんなに感謝を込めて、最後にこの曲を届けます」


14.言葉にできない(オフコース)
最後の方で、"言葉に出来ない〜"と同じフレーズを繰り返すところで、会場にマイクを差し出すソニン。
そして、やがて歌と共に、手を頭上で振る。ひとつになる会場。。。
マイクを差し出しつつ、生声で歌う彼女の歌は温かかった。 とても。。。

終了後も、Wアンコールを期待してしばらく動かない会場。
やがて係員の声で動き出しました。

いいライブでした。あ〜、なんか久々に気持ちいいライブだったな〜。
やっぱりソニンにはバックダンサーより、バックバンドだね!

終了後、1ドリンクチケットで生ビールを貰って飲んでると、近くに和田さんが来たので、聞こえるように"これくらいの規模でいいから、月に1回レギュラー化して欲しいよな〜"と言ってみました ^−^
ホントに、どっかのライブハウスとレギュラー契約してくださいよ、和田さん ^−^

あ、あと既に録り始めてるらしいけど、早くアルバムだそうよ〜。
言葉にできない、も良かったけど、やっぱり最後が人の曲ってのは寂しいし。
ニューアルバム&生バンドでのライブを激しく見たい!!!