×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

ライブレポート



後藤真希 Casual dinner show レポート
in ラ・クロシェット 2005/8/21

ざっくり考えてはいたんだけれども、夏休みに入ったら時間できるから、と思って考え始めたら、、、
スーツじゃないので行こうと思ってたんだけれど、やっぱりスーツにしよう、いやいややっぱりカジュアルだし、、、いやまてよ、この際思い切って礼服まで飛びぬけちゃう?、いやいややっぱりスーツがいいよな、、、と思考ループ状態へ ^−^;

結局、迷いに迷って、んーワイハとかあったとしても、あれだしちゃんとスーツとかでごっちんと写真撮るなんて機会はめったにないよな、ってことでスーツ(ネクタイなし)という形に落ち着く。

恵比寿駅でごまどらさんと合流してクロシェットへ。軽くテンパってたのか、予定よりも10分くらい早く到着。

さくっと入場。別に直筆サインとかいいや、とか思ってて買うつもりなかったんだけれども、いざとなるとやっぱり欲しくなるもので ^−^;
2ndアルバムを購入。サインげとー ^−^

座席はA-9、10。当選者の権利、ということで通路側の席を譲ってもらう。Cから2つ目?のテーブルで、思ってたよりも全然近い。よいよい。
他の2人は1人できてるみたいで、右側の人は若そうと思ってたけど30歳と聴いてびっくり。思いっきり、フットサル観戦焼けしてました ^−^

横のテーブルには現場でよくお会いしてしゃべったりもする人と、よく見かける人が。その前のC席にまこっちさん。まこっちさんは女性連れだった。 その他には、顔は分かる人が3〜4人いたくらいかな?

■ディナー
□南仏風 ライスサラダ
→ズッキーニなど野菜を細かくしたものが混ざったビネガーなライスを下にひいて、その上に、イカ・サーモン・たこの刺身がのってる。洋風ちらし寿司みたいなもん?ちょっと薄味&イカとか刺身がイマイチ。。。

□ビーフシチュー

→とりあえずビーフシチューでは無い ^−^;
大きな肉の塊にソース程度にデミグラスソースをかけたもの。デミグラスソースが少ないからか味が弱いからか、おそらく肉の下ごしらえでワインで煮込んだんだろうけれども、そのワインの味が勝っちゃってて、まさにワイン風味のソースがかかってる牛肉って感じ ^−^;

□ソルベ・オ・パッション / コーヒー
パッションフルーツのソルベ。これが一転して味が濃く。今度は下品な感じくらいに濃かったけれども、一番まとも。

ドリンクはアルコールがオーダーできるようになってた。でも、パシフィックイベみたいに緊張してライブ中トイレとか行きたくなるのが怖かったので、グレープフルーツジュースをオーダー。(茶系も利尿作用あるとかいうから。そこまで念を入れた ^−^;)



■ライブ
バンドメンバーが登場。(キーボード、パーカッション、ギターの構成)
なにやら曲を弾き始めて、しばらくしてごっちん登場。

01.サヨナラのLOVE SONG
全員を確認するかのように見回しながら歌うごっちん。
キレイな歌声。。。いきなりテンションあがる。。。

-MC-
挨拶。

02.彼、旅行中なり
かわいい声が心地よく。

03.秘密
久々の秘密。。。やっぱり良い曲だな。
やっべ、、、もう泣きそう、、、

最初のさよラブでは隈なく見回してる感じだったんだけれども、このあたりからバンドとの絡みのせいか、やたらとこっちの方を見るようになるごっちん。しかも、目の高さと距離があったのか、ふってこっち見ると、ちょうど俺のあたりで、、、見られまくり ^−^;

-MC-
改めて挨拶するごっちん。
ディナーショーでいつもと違う感じに緊張してると話すごっちん。
「みなさんも今日はスーツ姿でいつもと違う感じで。いつもはこう、Tシャツってイメージなんですけど ^−^」
「Tシャツとか、、、ん〜黄色い服とか。」
「あとは、んーと、特攻服?とか ^−^;」

なぜか黄色い服、とか言い出すごっちん。ドキってしたよ。
あれだけ見られる席で黄色い服、とか言われたら誤爆もするって話なんですよ!お客さん!

メニューを取ろうとするけどなかなか取れないごっちん ^−^;
「爪長いからね」
「・・・・・・なん・・・ふつ?ふう。なんふつ?」(南仏くらいすんなり読めてください ^−^;)
会場笑い ^−^
「あってます?」
会場拍手
「お、あってる ^−^ これで拍手もらうのってのもどーなの?^−^;」

04.渡良瀬橋
まずはC席からA席に向かって歩いてくるごっちん。
う〜〜〜〜〜〜〜お〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜歩いてくる、ドキドキドキドキ。
あ、目があった。ドキドキドキドキ。
やっべ、すっげー近い。やっべー!やっべー!歌う横顔、凄い綺麗。。。タニムラさんの時よりも、かおりの時よりもはるかに近いよ!まじ、目の前。手を伸ばすどころか、唇をたこさんにするだけで腕にちゅーできそうなくらい目の前(オイ ^−^;)
あ〜、これが噂のごっちんパフュームかぁ、、、いい匂い、、、軽やかだけれども、少し色気のあるような匂い、、、

なんて感じで前半終了。1番とか全然歌を聴けてない ^−^;
また一段と歌えるようになってました。

05.19歳のひとり言
うっわ、すっげぇ、、、イイ、、、FCイベで聴いたのと別モンになってる。。。また泣きそう。

-MC-
「もうすぐ、9月9日でモーニング娘。でデビューして6年になります」
「モーニング娘。で3年、卒業してもうすぐ3年になります。いろんなこと経験させていただいて、少しづつだけれども成長してこれたのかなって。」
「そういった経験があったから、今日はこうやって生演奏でライブも出来てるわけで。きっと昔の私じゃ無理だったと思う。」
「プッチモニダイバーの頃の声とか聴くと、声が幼いなーって ^−^;」
「プッチモニダイバー、聴いたことあります?」
ぱらぱらと手を上げる客。もちろんあげたけれども、思ったよりも少なくてビビッた ^−^

「あと、伊豆の踊り子とか。いい経験させてもらったなーって。」
会場笑い
「なんで笑うの?あ、わかった ^−^」
「圭ちゃんのこと思ったでしょ?」
いやいやいや ^−^;
なんか、ごっちんの言い方が面白かったんだっけ?とりあえず、圭ちゃん思い出して笑ったのでは無かったと思うよ、ごっちん ^−^
ホントに圭ちゃん好きなんだから、もう ^−^

06.卒業写真

07.涙の星
はぁ〜〜〜。やっぱこの曲も名曲だね。キレイな歌声。すげぇ。。。ごっちん、すげぇよ、、、
ウルウル。。。

-MC-
夏休みの話。
「今年は花火も見にいけたし、地元のお祭りにも行けたしよかった。花火で一番すきなのは、こうドンってなってぱらぱらぱらって柳?みたいになるやつ。」
あ、俺もあれ好き。今年見に行ったら、最近は、あれがどんって開いたあとにいっぺんに沢山の柳ができるやつがあってびっくりした。

「あと、音も好き。ドンってなると、
うっ、て。あんまり近くでは聞きたくない感じだけど ^−^;」

「7月の終わりくらいに義経、オールアップしました」
会場拍手。
「先週ちょうど私の見せ場のシーンだったんだけれども。見てくれました?」
ぱらぱらと手を上げる会場。これまたみんな上がるものかと思ってたので、軽くびっくりしました。
「小舟の上で船酔いに耐えていい演技が出来た!と思ったら、親戚の子が放送を見てて”顔が変。酔っているみたい。”と見抜かれてしまって悔しかったです ^−^;」
「みなさんも酔ってるみたい、って分かりました?」
会場から手は上がらず。
「よかった ^−^ じゃぁ、うちだけだ ^−^;」

「かつらもね。最初は線なかったんだけれども、最近は線も入っていい感じで ^−^」(線ってのは、頭の上を指しながら ^−^;)

08.くちづけのその後
大好きな曲。この曲の2番の歌詞が凄い好きなんだよね。聴けて幸せ。。。もう。。。満足。。。

09.ALL MY LOVE〜22世紀〜
幸せな曲。。。気持ちのいい声。。。

-MC-
「パーカッション、せきぐちぇ」(バンド紹介でカミカミなごっちん ^−^;)
会場「え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ^−^」

「今日はこうやって生演奏で。とっても気持ちいいです。」

「ライブとか、いつも期待の3倍で応えられるようにって、、、」

「少しは成長してこれたのかなって。」
「これからも変わらず支えて
ください。」

10.I WISH
パワフルでキレイな歌声。素晴らしくキレイなファルセット。。。
あの頃の歌とは別物。ホント凄かったんだって!これなら裕ちゃんも怒らないに違いない ^−^
この曲では客席も手拍子。

11.スッピンと涙。
聴くたびに良くなっていくね。。。ごっちんもちょっとうるっときてた?

-MC-
これは自慢なんですけど、って前置きして、この間ラジオでも言ってたつんくさんに褒められた話。よっぽどうれしかったのかな ^−^
「この間の東京のハロプロコンサートの時にもね、つんくさんがね、”スッピン、ええな、、、これはKANちゃんにしかかけへんな、、、スッピン、ええな、、、ええな、、、後藤のスッピンを歌う表情とかもめちゃこの曲を表現してるのが伝わってきて、、、ええな、、、ほんま、歌も凄いよかったで、、、すっぴんええな、、、”みたいな感じで。ホントこんな感じだったんだって ^−^;」


「最後の曲です。」

12.赤い日記帳

03の鹿児島以来?鹿児島とかソロになってのこととか、いっぱいフラッシュバックした。。。
原曲の頃どころか03と比べても圧倒的な歌唱。。。聞き惚れた。。。

伸びやかなところも
力強く響かせるところも
気持ちの良いファルセットも
軽やかなフェイクも

いつもと違ったアレンジの曲たちも

すべての音がとてもきれいで心地よかった。

ずっと、ずっとこの空間で漂っていたい。。。

後藤真希の"うた"に惚れ直した。

また、席がめちゃくちゃよかった。
A席は奥って聞いてて、あー相変わらず当たるけれども席運はねーなーって思ってたら、、、

こっち見まくりなんですよーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!

バンドとの絡みのためか、圧倒的に体がこっち向きが多くって。さらに距離と目の高さがちょうどよいところだったみたいで、、、

こっち見まくりなんですよーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!

微笑みながら歌う表情も
シリアスな表情も
愁いを秘めた表情も
差し出す手も

みんなドンピシャだったんですよーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!

8割はこっち見てたね。(言いすぎ?^−^;)
ホント、それくらい目が合った。

退場する前にトイレに行ったら、そっち見まくりでおいしいですね、って言われた ^−^

いつもはレスとか目線とかそれほど求めてるわけじゃないけれども、あれだけ見られるとマジすげぇ。歌が気持ちよく、それで目線があってて、より世界に引き込まれる感じ。。。

ホント、ずっとこのままでいたかった。。。

至福、ってのは今日のためにある言葉だと思ったよ ^−^

■お見送り

MC中でも、アンケートは全部読むから書いてね、って言われたので、今日の感想とかがっつり書く。

A〜B席のアンケート書いた方から退場、ってことだったけれども、アンケートちゃんと書いてたらC席も呼び出されるくらいで、退場の列へ並ぶ。でも、みんなもアンケートがっつり書いてるようで、それでも早めに列に並んだほうだった。

写真のポーズも握手の時にかける言葉も特に決めてなかった。
考え出すとテンパるし、テンパると失敗するし ^−^;
今日のライブが素晴らしいものになることに疑いはなかったから、今日感じた想いをぶつけようと、それだけを考えていた。だから、ホントにポラ撮影の順番前の黒いカーテンのところにくるまで、素晴らしい時間にまだ魂は漂っていて真っ白だった。

幕が開く。
どうぞ、と係員が呼ぶ。このしるしのところにたってください、っていうのでごっちんに挨拶して所定の場所に立つ。
ちょっとごっちんから離れてるな、なんて一瞬頭をよぎった。が、、、

左手でピースするつもりが、指定の位置に立ったら、ごっちんがよってきて、、、よってきて、、、くっついて、、、く、くっついて?ひ、左腕にごっちんがくっついてるよ、、、真っ白に、、、左手なんて動かせない ^−^;

横目でごっちんが左手でピースするのが見えたので、ごっちんにあわせて右手でピース ^−^



加工前の俺は、終わって時間が経ってないこともあって、至福の笑み ^ー^
やっべ、ごっちんかわええなぁ〜〜〜

撮影後に握手。
まだきちんと考えてなかった。けれども自然に今日感じたものが言葉になって出た。

俺「○○○○」
ごっちん「ありがとうございます。よかったです」
俺「××××」(思ったより時間もらえたので、秋ツアーへの期待が言葉になってました。)
ごっちん「はい、楽しみにしててくださいね」
またね〜、みたいな感じで終了。

今までに何度か、それこそ今年だけでも3回目、機会はあった。
でも、昨日みたいなのは初めての感覚だった。
今までで一番の体験だった。

会話の内容でもない。長さでもない。感触でもない。

ただ、

顔の表情。
目の表情。

目が語りかけてくるそれは、、、

惚れた。
惚れ直した。。。



ホントに至福の時間、空間でした。いつまでも漂っていたい。。。

後藤真希の声は特徴的で、好き嫌いが分かれるかも、、、そんな風に言われるし、そう思っていた部分もある。

でも、今日の歌声を聞いてもらったら、そんな好き嫌いは別にして、後藤うまいじゃん、って思ってもらえるんじゃないかな。 もっと多くの人に、こんな後藤真希の歌を聴いてもらいたいな。

DVD、無理だったらライブCDでいいから出してくれないか。もっと多くの人に聞いてもらえるように、今年のヤイコみたいにアコースティックツアーとかどうだろう?

ホント、追加公演も当たってください!行かせてください!!

パシフィックイベの幸福感も、ハワイでの多幸感もすべて吹っ飛ぶくらいの至福の時間。空間。それはやっぱり、後藤真希の歌が中心だからなのかな。わかんないけど。とにかく今までの現場の中で、ベストオブベスト!って感じ。

終了後、恵比寿駅の近くでどらさんと幸せに浸ったままで乾杯 ^−^