×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

イベントレポート



ファンクラブ限定!『後藤真希☆ファンの集い』レポート
in 横浜BLITZ 2005/6/11

11時15分頃、だらっと会場着。
ぶらっとしてると、グッズ売り場発見。グッズ買うのもチケットと会員証が必要らしい。のぞいて見ると、5月末の通信販売にあったようなものが。あぁ、だから通販グッズ多かったのか。。。
グッズは、四つ切りの大きな写真とポストカードが会場限定だったかな。あとは、通信販売にもあった、Tシャツとパンツのセット(写真が通信販売と別らしい)、トレカ、トレカケースとか。特に買うものなかったのでスルー。

開場を待っていると、仮初めさん発見。

入場時、かなり厳しく本人チェックしてたみたい。ちょっと何かがひっかかると、左端の列へ回されてた。そこにはノートPCが置いてあって、中からちらっとのぞくと、エクセルのシートに会員データが入っているようで、通れた人も状況とか記録に取られてた。あれ、ちゃんと運用されたら、転売屋が同じ会員番号とか使ったら、次はひっかかるかもしれませんね。


中に入ると、やっぱり一番後ろの席。ステージには大きなスクリーンが。
開場は15分おし、最終的に20分ばかり押してイベントスタート。

00.挨拶
まずは、ごっちんが1人で登場して、ご挨拶。
いつもと違うことにチャレンジしますって言ってた。

01.取り調べ
ごっちんが退場すると、ステージ上のスクリーンにVTRが映し出される。
レッスン室でダンスレッスン中って感じのごっちん。白い短いTシャツに、名古屋限定DVDとかにも映っていた最近お気に入りらしい、グレーのジャージ。
そこに男性2人組(お笑い芸人?司会の2人とは違う人だった。)が入ってきて、両腕を取ってごっちんを引きずって連行していく ^−^;
ここは音声はなくBGMだけで、スライドショーのように、コマ送りでシーンが変わっていくんだけど、連れて行かれることにいやいやと抵抗するごっちんがコミカル ^−^

スクリーンが上に上がっていって、その後ろに椅子に座らされているごっちん。聞こえてくる質問に答える。
・名前は?
「後藤真希です。」
・生年月日は?
「昭和60年9月23日です。」

・今朝おきて一番最初にしたことは?
「目覚ましを止めて、朝ごはんを作りました。」
・朝食のメニューは?
「納豆に、うどんに、チーズはんぺん」
・自分で料理が作れるのか?
「作れますよ!^−^」
・自慢できる料理は?
「ん〜〜〜、おろしハンバーグ」
ここで、前にコンサートとかでおろしハンバーグとか言ってたことあったからか、前の方の一部のヲタが奇声を上げる。その奇声を真似て、「ふぅ!」とおどけるごっちん ^−^
・噂によると変な納豆の食べ方をするらしいな?
「変じゃないと思いますけどねぇ ^−^;」
・ホントに料理得意なのか?
「得意?好きですよ。うん」
・大河ドラマで苦労しているところは?
「やっぱり着物を着てるときの立ち振る舞いだとか、言葉遣いとかですね」
・あの衣装は重くないか?
「多少、重いですけどぉ。重いよりも、まず、ころばないかですよね」
・他の役者さんからいじめられてないか?
「ないですねぇ。やさしくしてもらってますよ。なんでそんなところ疑うんですか?^−^;」
・ちょくちょく変わるらしいが、最近はまってることは?
「ざるそば食べます。」
「とろろ入れて。」


ミサイルブラザーズとかってお笑い芸人登場。上々軍団の方が良かったな ^−^

ミサイル「料理を作るのが得意らしいですが、他にはどんな料理を?」
ごっちん「栄養満点の野菜スープとか。野菜を10種類くらい入れて。見たことない形の。」
ミサイル「見たことない形?^−^;それは、野菜ですか?大丈夫ですか?」
ごっちん「野菜です。大丈夫です ^−^」


ミサイル「食べたいですね?」
ごっちん「(会場に向かって)食べたい?」
会場「食べたい!」


ミサイル「朝から珍しい組み合わせですよね?納豆に白飯がないとか」
ごっちん「朝、うどん作っちゃったから、ご飯も食べたら食べすぎだろって思って ^−^」
ごっちん「前の晩が、おぞうにだったんですよ。」
ミサイル「後藤家は、変な時におぞうに食べるんですね ^−^;」
ごっちん「なんか、もうねぇ、正月気分みたいな ^−^; で、おなべに具とかスープとかが残ってたので、小鍋にうどんいれて、スープと具をいれてぇ、そんであんかけにしてぇ、食べちゃった ^−^」
ミサイル「聴いたところによると、納豆の食べ方が人と違うとか?」
ごっちん「人と違う?いやぁ、でもそしたらハロープロジェクトのメンバー変わってる人多いですよ?」
ごっちん「黄身と砂糖 ^−^」
ごっちん「これは北海道の方が食べる食べ方みたいで、北海道人のメンバーから教えてもらったんですよ。」
ごっちん「始めはぁ、なんで黄身に砂糖なんて気持ち悪いじゃん、って思ったんですけど、やってみたら美味いじゃん、って ^−^」

ミサイル「大河やるにあたって、歴史の勉強とかしたんですか?」
ごっちん「本とかはいただいたのでぇ、ちらっと ^−^」
ミサイル「ちらっと ^−^;」
ごっちん「あと、昨日の夜、ちょうどね、テレビで義経とか清盛様とか、そんな時代のね。番組やってたので、なるほどね、って ^−^」(清盛の方だけ様付けってのは、やっぱり平家方だからなのか?^−^)
ミサイル「ドラマにはいる前じゃなくって、つい最近じゃないですか ^−^;」
ごっちん「わからないじゃないですかぁ〜。誰がどう思ってるとか。。。」

ごっちん「家族が1人というか、一匹というか、一羽増えまして」
ミサイル「はいはいはい」
ごっちん「すずめが」
ミサイル「え?すずめ?」
ごっちん「すずめを飼ってます」
ミサイル「おかしいよ。聴けば聴くほどおかしいこと出てくるんですけど ^−^;」
ごっちん「雨の日に、ちっちゃい子供のすずめだったんですけど、弱ってて落ちちゃってて飛べなくなっちゃってたんですよ。それをお母さんが拾ってきました。」
ごっちん「2日間くらいは、弱ってて、足腰、というか、小鹿の赤ちゃんみたいになってて。注射器みたいなので餌をあげたて。」
ごっちん「でね、家族みんな出かけちゃってるから、真希面倒みてて、って言われて」
ごっちん「で、部屋に連れて行ってメイクとかしてたんだけど、、、」
ごっちん「超かわいいの。気づいたら、私のこう、お尻のところでちょこんって寝てるの!」
ごっちん「犬とか飼ってるから、とんでっちゃうと危ないから、タカハウス!ってハウスさせて ^−^:」
ミサイル「プチムツゴロウ王国みたいですね」
ミサイル「名前はなんていうんですか?」

ごっちん「ピピ。ピピなんだけど、他の家族はすーさんって呼んでたり」
ミサイル「え?それぞれで呼んでるんですか?」
ごっちん「すーさんもかわいいだけどね ^−^」


02.ごっちんチャレンジコーナー(手品
スクリーンが下りてきて、VTR。砂糖と黄身をいれたごっちん流納豆の作り方。明らかにかき混ぜている手がごっちんじゃないという雑さ。。。

ミサイル1「ごっちんがあることに挑戦いたします」
ミサイル2「ごっちんが、なんと熱湯コマーシャルに挑戦します!」
会場大歓声 ^−^
ミサイル1「熱湯コマーシャルではございません」
会場「え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ^−^」
ミサイル2「え〜〜?って見たいんですか ^−^;」

ミサイル1「ある意味見てみたいですけどね。それでは後藤さんに登場いただいきましょう!」

ごっちん「みんなのあっと驚く顔が見てみたいと思って、あることを練習してきました ^−^」
ミサイル2「それでは、お風呂に登場していただきましょう!」
会場笑い ^−^

ミサイル「それではゲストに登場していただきましょう!」
手品師登場。2〜3、手品を披露。

ごっちんが一人で手品を披露。音楽に腰をふりふりリズムを取るごっちんがかわいい ^−^
・手からハンカチを取り出す
・そのハンカチがステッキに早変わり
・帽子に玉子を入れて、ミサイルにかぶせるけど大丈夫みたいなやつ

その後、ゲストの手品師と2人で手品。
・手錠をかけられて、箱の中に手品師が入る。箱の上に、ごっちんが立って、GM04Sのようにごっちんと先生が入れ替わる、みたいなやつ。

ミサイル「お楽しみのミニライブですが、後藤さんの方から何か提案があるということで」
ごっちん「はい、今回イベントの中で歌う2曲をファンのみんなに決めてもらおうと」
ごっちん「3曲選ばせていただきました」
と、スクリーンが下りてくる。
1.溢れちゃうBe In Love(アルバムバージョン)
2.ペイント イット ゴールド
3.横浜蜃気楼
む〜ん、19歳のひとり言がないよ〜と、軽く残念な気分なオイラ。。。

拍手の大きさで溢BeとPIGに決定。まぁ、最近聞いてない2曲だから、ごまヲタなら妥当なところですよね。この2曲で良かった、良かった ^−^

03.ミニライブ
ライブの準備をしている間、スクリーンに手品の練習風景のVTR。
Gカップ騒動なんてのもありましたが、このVTR見る感じだとホントにふくよかになってるなあ、とびっくり ^−^;

03-1.19歳のひとり言

溢Beじゃないイントロが流れ出す、、、
19歳のひとり言きたー!!!!!!!!
さっきの選択のところで諦めた分、喜びひとしお!!!
19歳のうちに聴けたよ!!!


03-2.溢れちゃうBe In Love(アルバムバージョン)
後の回のレポ見ると、単にアルバムバージョンじゃなくって、今日用に音を作ってたらしい。


03-3.ペイント イット ゴールド
これも久々で嬉しかったですね。
流石にこの曲は立つかと思ったけど、座りながら手振り、踊るヲタ ^−^
一番後ろだったので、見えなくならなくってよかったけど、前の方だったら立ってたかもな。
初回ということもあって、座りながら乗るヲタにごっちんもちょっと戸惑い気味で歌いづらそうだった ^−^;


03-4.スッピンと涙。
第一印象は普通のバラードだなぁ、可も無く不可も無くって感じ。ピアノバラッドって話だったから、もっとシンプルなイメージだったのがいけなかったかな。あんまり、ピアノピアノしてなかった感じ。
第一印象はさよ友の方が断然よかったりする ^−^;

04.握手会
2階→1階の前の方からってことで、ほぼ一番最後の方 ^−^;
2階の仮初めさんが握手してるのをウオッチしたりして時間を過ごす。結構粘ってた ^−^
途中、流れが変わって、あれ、このままいくと最後から2番目?それならちょっと粘ってもOK?とかドキドキしたんだけど、もう1度流れが変わって、最後から9番目くらいに。

ステージに上がる。ステージがでかい分、順番がくるまでごっちんの横顔を見てた。
しかし、超高速。前の2〜3人とか、「したっ!」くらいの勢い。オイオイ、短すぎるし意味わからんよ ^−^;

オイラ「○○○」
ごっちん「あたしもです。あーがとうございます。」
オイラ「×××」
ごっちん「はい!私も!」

と、超高速の中、二言ばかりの会話ができた ^−^

4月のパシフィックヘブンイベほどテンパって無かったと思うし、 じっくり見れたつもりだったけど、やっぱり記憶はぼーっとしてたり ^−^;

そして、握られた指の部分がジンジンと熱くなっていた。。。

会場を出て、しーねーさんを探すも見当たらず。
最後の最後の方だったから、もう入場列に並んじゃったかな?と諦めて、というかぼーっとしたまま、気がついたら駅にいた ^−^;

19歳のひとり言が、ごっちんが19歳のうちに聴けただけで、参加できて良かったなぁ〜〜〜〜〜〜と感動。。。
でも、イベント部分は、いままで参加したファンの集い系としては、一番微妙だったかも ^−^;

気分が良かったので奮発して寿司とか食って帰宅 ^−^