×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

イベントレポート



ソニン「ほんとはね。」発売記念イベントレポート
in タワーレコード渋谷店 B1F「STAGE ONE」 2004/2/12


木曜日は、某お客様とロングミーティングの日なので最初迷っていたんだけど、ツナピコさんが行くって言うし、タワレコまで近いところにいるので僕が引換券貰ってくることにしたので、やっぱり行くことにした。
ついていることに、お客さんの都合でいつもより軽く切り上げられたので、余裕で時間に間に合った。

タワレコ前でツナピーと合流して、階段に並ぶ。結構、客層はバラバラで若い女の子も結構多い。後ろで話しているのを聴いていると、350とか400くらいまで並んでいるらしい。

会場に入ると、4〜5列椅子が並んでた。2列目の端の席に2つ空きを見つけたので、ツナピーと座る。ラッキー!
席の前に空いているスペースとかあって心配だったけど、みんなマナー良く椅子の周りを取り囲むようにスタンディング。渋谷に18:55着予定というふる生きさんが間に合うのか!と入り口をウォッチングしてたら、始まる1分前くらいギリギリ間に合って到着してた ^ー^

ステージにはマイクスタンド1本とギターのみが置いてあった。このまま座って聴いてられる感じのライブになるかな?と期待して開演を待つ。

定刻から1〜2分遅れたかな?
いつものここでのイベントだと、司会の人が出てきて呼び込んだりするようなイメージがあるのだが、普通にすたすたとソニンが登場 ^ー^
ソニンはGパンに濃紺の薄手のセーター?
良い感じ ^ー^

1.合コン後のファミレスにて
ギターをかき鳴らして、まずはこの曲。この時点ではいつものソニンって感じでみてた。
始まったら椅子に座ってる人も立っちゃうかなぁ、って心配だったけど、みんなちゃんと聴いていたのが嬉しかった。

- MC -
挨拶忘れちゃったと照れ笑いして、ソニンで〜すと自己紹介。

2.カレーライスの女
キタ。ビンビコビンに響いてきた。なんか泣きそうになった。
表情、歌声。何かが伝わってきた。。 。

3.津軽海峡の女
間髪おかず津軽海峡の女へ。

-MC-
津軽海峡の女を歌い終わるとスタッフが椅子を持って出てきた。もう1人のスタッフは、マイクスタンドを折り曲げて、座って歌うポジショニング。次の曲が尾崎豊のI Love Youの韓国語バージョンで、ツアーで歌って1部で評判よかったのよ〜とか。で歌いだそうとしたけど、思い出したように、ツアーの前にI Love Youをギターで練習してて、韓国語バージョンってのがあるってのを教えられて、これを練習しよう。いつかみんなに聞かせられたらいいな〜っていうことで、この間のツアーで歌ったんだと報告。

話の合間に弦を1つつまびいて、音をとってるソニンがかっこいいな、って思ったり。

4.ILoveYou(韓国語Ver)
ギター1本で弾き語り。正直、日本語でもいいんじゃん?とか思ったけど、ホント弾き語ってるソニンは素晴らしいなぁ、と思ったり。(このあたり、最近ハロプロ系を見ることが多いので採点甘めかも ^ー^;)

- MC -
I Love Youを歌い終わると椅子とギターをスタッフが片づけて、マイク1本持って長めのトーク開始。
何しゃべろっかな〜と言うところからスタート。この間のうたばんでも放送していた全国行脚の話を。24日間旅に出てて約100本。1日4ヶ所くらい回ったのか。凄いなぁ。
みんな携帯で写真とったり、全然歌が素通りしているのに悩んでってトーク。
「ずっとずっと悩んだ。どうしたら歌を聴いてくれるのかな?とか。歌うのが怖くなったりもした。歌うのが怖いなんて初めての経験で。他にも、マラソンやドミノとか他にも悩んだことはあった。でも、いつでも歌うのをやめたいと思ったことは無いの。」
「 なんでかな〜って思ったんだけど、今少し分かってきたんだ。みんなに歌を届けたいんだって。ここに来てくれたり、今日はここにこれなかったけど応援してくれる人、まだソニンの事をしらないこれからの人たち。みんなに歌を届けたい。」
「歌を聴いてもらうには、ココロとココロをつながる、つなげることが大事なんだって」
「最後の曲。ココロをこめて歌います。”ほんとはね。”」

5.ほんとはね。
6分あまりもあるこの曲。長い曲だけど、あっと言う間に感じた。もっと、もっと聴いていたかった。。。
みんな同じ気持ちだったんじゃないかな。歌い終わったあと、いつまでも、いつまでも拍手が鳴りやまなかった。。。
そんな暖かい拍手に包まれて、嬉しそうで、泣き出してしまうんじゃないか、っていうソニンがとても愛らしかった。

ライブが終わって時計を見ると、約45分のライブだった。この手のミニライブとしては、長い方でしょう。

全体的に変な奇声をあげたり、ソニンソニンがっつくヲタもほとんど無く、気持ち良く歌を聴くことができました。1曲、1曲、自然に巻き起こる拍手。ホントに良いライブでした。

- 握手会 -
ぶっちゃけ、始まるまで何もしゃべることを考えてきてなかったんだけど、ライブを見ていっぱい気持ちを伝えたくなった。

椅子席からスタートしたので、結構前半でした。
前がツナピー。ソニン宛と和田マネ宛の手紙を直接ソニンに手渡し。あ〜手渡しできるなら、なんか用意してくるんだったなぁ、とか思ったり ^ー^

で、オイラの順番。
オレ「お疲れさまです。凄いよかったです。」
ソニン「ありがとうございます」
オレ「今までに、何回か見てきたけど、ホント今回が1番良かったよ」
ソニン「ホント!?」(嬉しそうに)
オレ「ホント、ホント。なんか、凄い伝わってくるものがあったんだ」
ソニン「ホントにぃ。嬉しいです〜」(満面の笑顔で。いや、もう最高の笑顔だった。激萌え!!!)
オレ「お疲れさま。ずっと応援していきます」
ソニン「ありがとうぅ」

もう、大満足のイベントでした!!!
ソニンの推し度、大幅にランクアップ!!!
明日のラジオの公開収録にも行っちゃうぞ!って勢い。(多分行ってるだろう ^ー^;)
ぶっちゃけ、昨日のあやミューの100倍くらい満足 ^ー^

ホントに、ビンビコビンに伝わってくるものがありました。途中、何度も泣きそうになった。
歌うことに悩んで。伝えることに悩んで。悩んで悩んで、泣いて。流した涙は無駄ではなかったよ。今まで、ソニンに感じたことの無いパワーを感じた。大げさに言うなら。鏡の中のあの子が今なくしているオーラ。ちょっと種類が違うけど、それに近いオーラをソニンが身に付けつつあるのかも、と初めて感じた。

大満足の中、ふる生きさん、ツナピコさんと軽く乾杯して解散。