×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

ミュージカルレポート



安倍なつみ初主演ミュージカル「おかえり」レポート
in 青山劇場 2004/2/14

少し早めに家を出る。
今日はP列とちょっと後ろの方なので、この間カバンと一緒に双眼鏡を無くしたので買っていこうと思って。
前に買った、家の近くの格安ショップに行くが、、、同じものが無い。双眼鏡はあるにはあったんだけど、高い。

時間も迫ってきたので、とりあえず渋谷に向かう。
12時過ぎくらいに渋谷について、駅前のビックカメラで双眼鏡購入。選んでる間に開場時間近くになちゃったので、とりあえず青山劇場に向かう。飯食わないとまずい!と思い近くの花まるうどんで、ぶっかけうどんを食べて開演の5分前に会場に滑り込む。

第1部:ミュージカル
なかなか良かった。
なっちの為のミュージカル。なっちの魅力満載、みたいな。
上演時間が、他のミュージカルと比べても短めなので、あまり詰め込みすぎないでストレートなストーリーにしたのが、よかったのではないでしょうか?

途中のなっちの喪服姿が激萌え〜 ^ー^
斉藤さんの喪服には大きなスリットが入ってました ^ー^;

難点をあげるとすれば、タイムトラベルものとしては脚本の練り込み不足だなぁ、とSFヲタ的には思ってしまう。
最初に自分が未来からきた、そしておまえの旦那だ、なんてのをばらしちゃうってのは反則だべ。最初にばらすなら、最後になんかどんでん返しがあると思うじゃん?
そのわりに、「なんでお父さんを助けてくれなかったの?」って問いに対して、「運命をかえるのは禁止されてる」とか言ったり。女社長になる、だとか、未来の旦那だって未来を教えちゃうのだって運命を変えかねない出来事でしょ?

あとは、こころの動きが良く分からなかった。最初、未来の旦那って言われて変態!って思ってたなっちが、だんだん心を許すようになっていって、お!?と思ってたら、また変態に戻って、また心許す。このあたりの描写をもう少しきちんと描けてればなぁ〜と思う。

未来から来たって理由もいまいち良く分からない。納得できない ^ー^;

というわけで、全体的に脚本があまあまだなぁって考えたりしてたからか、感動のクライマックスも正直、感情移入ばっちり!ってところまでいけないので、涙、涙というわけにはいかなかった ^ー^;
そこまで素晴らしい脚本ではない。

ただ、はっきりと物語の中心になっちがいて、そのなっちが十分魅力的に描けている。
初主演ミュージカルとしては大いに評価できるのではないでしょうか。

あ、あと全然関係無いけど、ごまヲタ視点。
やっぱり春コンのゲスト、ますます心配になりましたとさ ^ー^;

第2部:ミニコンサート
01.晴れ 雨 のち スキ
PPPH入りまくり。。。ウザイので野鳥の会モードでなっちに集中 ^ー^
なっちはピンク色の衣装だった。P列から双眼鏡で見ると、ちょうど全身がフレームに入るくらいでいい感じ♪

-MC-
挨拶。なっちがドアを開けるジェスチャーをして、
なっち 「ただいま」
会場「おかえり〜」
お約束なのか?乗り遅れた ^ー^;
もっと大きなおかえり〜を聴きたいな、ってことで、もう1度。

02.あなた色
昨日から、あなた色に変わったらしい。それまで、ここはふるさとだったとのこと。
まぁ、PPPHとかして騒ぎたいヲタが多いみたいなので、この変更はそういった会場の空気に合わせての変更でしょうかね?

03.Memory 青春の光
2フレーズほど歌詞を飛ばす。どの曲も歌中、表情を作っていて、それを崩さないなっちが、この一瞬だけ照れ笑いを見せた。

04.黄色いお空でBOOM BOOM BOOM
稲葉さん、メロン記念日がバックダンサーで登場。この間のあややの時も思ったけど、バックダンサー出てこなくてもいいんじゃないかなぁ?別にライブツアーのゲストって訳じゃないわけだし。去年のミュージカルのミニライブでバックダンサーってついたっけ?

-MC-
バレンタインの話。
「 昨日は、家に帰ってバレンタインの準備をお母さんに手伝って貰いながらしたのね。今年は手作りじゃなかったので、包んだりとかそういうことを。」
「で、最初これくらいでいいかな、って数よりももっと沢山用意したほうがいいよ、ってお母さんに言われて、お母さんに言われた数用意したのね。そしたら、ぴったりだったの ^ー^」
「みんなもお母さんの言うことは聞いたほうがいいよ。ってあれ?なんで、こんなこと話てるんだっけ?なんの話だったけ?^ー^;」
みたいなトークだったかな。
案外短め。大阪のみんなの話のような、ソロの舞台が楽しくて笑いが止まらない、みたいなのはなかった。少し落ち着いてきたのでしょうかね。ちょっと残念。
まぁ、でもどうどうとしたトークでした。ソロラジオとかも長く経験してるし、慣れですかね。かおりのイベントでのテンパリ具合を思い出して、内心比べてニヤニヤしたり ^ー^

05.22歳の私
06.曲名不明 (ミュージカルの主題歌)
今年はあやミューもなちミューも全般的に曲がイマイチな感じ。。。

全体的な感想としては、なちヲタ必死やな、って感じでしょうか ^ー^;
まちにまったソロのステージだし、ある程度はほほ笑ましいことだと思います。それに、PPPHとか、なっちコールとかは仕方ないかなぁ、と思うんだよ。それ以外の前奏・間奏とか少しでも間があるとなっち、なっち、なっち、、、MCでもワーワーぎゃーぎゃー、、、五月蝿いっつーの。

ふる生きさんのサイトで、ゴマラーさんとか書いてたけど、さくらの曲とかPPPHいらないんじゃない?って書いてたけど、なっちのコンサートでPPPHとか無くなることはないんじゃないかなぁ、と思った。いわゆる、ホンマもんのアイドルコンサートになってるし。なっちヲタもそれを求めてるんでしょう。正月の中野のハロコンと、なっち卒業コンとで、あきらかに後者の方がさくらの曲とか、かおりやゆきどんの曲でのPPPHとか大きかったし。なちヲタはこういった、所謂アイドルコンサートを求めてるのかなぁ、って思った。なちヲタがそういう方向を目指すなら、オイラはそれでいいと思うよ。郷に入れば郷に従えの精神でね ^ー^;

このミニコンサートを見て、なっちのソロコンサートに行きたくなった。
去年のごまコン市川初日に、GMかどっかに書いたかと思うんだけど、なっちかかおりのソロコンサートを見たくなったんだよね。誤解を恐れずに書けば、後藤真希のコンサートを見たときに、モーニング娘。のコンサートの正統進化のステージを見た、と思ったんだよね。それは、後藤真希加入以後の歌とダンスのパフォーマンスとしてのモーニング娘。の正統進化。で、もう一つ、加入以前の歌のモーニング娘。の正統進化のステージを見れるのは、なっちかかおりしかいないんじゃないかな、って思ってた。今日、このミニコンサートを見て、その思いをますます強くした。

あとは、幕が下りたあと、一部でなっちコール→拍手。この間のあやミューでも、もっと小規模だったけど、同じようなことがおきていた。去年のごまコンからの弊害か、最近あちこちの会場で似たような場面に出くわす。ムリクリやるなら、やらないほうがいいと思う。サイリウム企画じゃないけど、お約束でやるなら寂しいだけだよ。
ごまコンでも、ムリクリだったり、形式的なお約束となってしまうなら、やらないほうがいいと思うし。なんていうか、自然に出なかったら、”熱”がなかったら駄目だよね。自然に出ちゃうからするんだし、感動するんだと思う。

昼公演だったので、夜公演参戦のツナピーやさやマさんに挨拶、CDを渡して帰ろうと思ったら、あや免さんから夜公演終了後の飲み会のお誘いが ^ー^;
一旦帰って、あや免さんに頼まれていたあややのバレンタインストラップを持って、青山へ引き返し、夜公演終了の参戦者達と合流。

しかし、1週間で5回のヲタ飲み会ってどうなの?^ー^;
飲む前は喪服萌え〜とか言ってたのに、いつになくマジなヲタトークの飲み会となりました。
たまにはこういったマジなのもいいやね ^ー^