×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

ミュージカルレポート



後藤真希主演ミュージカル「サヨナラのLOVE SONG」レポート
in 青山劇場 2004/2/19

朝から、新年度の体制の件で呼ばれて予定外の業務が入ってくる。
夜打ち合わせしたい、とか言い出すからちょっとビビッた。ユーザーとの打ち合わせでムリと突っぱねる。危ない、危ない ^−^;

ユーザー先でのミーティングが17:45くらいに終了。結構ギリギリかな?と焦ったけど、電車の乗り換えが上手くいったからか、18:15くらいには会場入り。

会場に入ってすぐ、ツナピコさんとごまどらさん発見。

今日はC列の左サイド。
昨日の初日を見たどらさんによると、左サイドの方がオイシイと言うので期待度アップ。

第1部:ミュージカル
良かった。普通に良かった。
今回の3つのミュージカルで一番まともな本をいただいたね〜。
あや&なちの設定を消化できていない・矛盾、伏線未消化、といった、どーにもこーにも物語に没頭させてくれない本を立て続けに見たせいなのか、きちんとまとまってるだけで傑作に思えるよ ^−^;

前半部分はコメディタッチで。笑った、笑った。普通に笑えた。
これ案外大きいと思うな。あや&なちミューでは、笑わすところがヘボすぎて笑えなかったし ^−^;

途中で、それまでのコメディが吹き飛ぶ展開で、あまりにもシリアスになってし〜んとなってしまうけれども、その後にまた笑えるところ持ってきててホッとしたり。そんな展開の間にだんだん物語に入り込んでいて、、、
最後のごっちんのロングな泣きのシーンでは、すっかり泣かされてしまいました。
ごっちんにあんな演技みせられた日にゃ〜、ごまヲタは泣かないわけがないですよ ^−^

あや&なちミューのはミュージカルになってない、しなくていいただの舞台だったけど、今日のはミュージカルだった。歌・ダンス、きちんとそれなりのボリュームと演出で見れた。その点でも嬉しかったかな。

ごっちんのナース萌え!
セーラー服萌え!
セーラー服で踊るときにのぞかせる見せパンに萌え!

左サイドは確かに美味しかった。ナースセンター裏の姿も見えるのは、なかなかオイシイ ^−^
アヤカの登場シーンでの、ナースセンター裏側でのお尻のつきだしっぷりはヤバイ ^−^;
ナースセンターのカウンターに座って足を組むアヤカは、角度的に真正面にきてマジヤバイ ^−^;

舞台には、他の2作よりお金かかってない感じ。このあたりは事務所からの推されなさ具合を感じる ^−^;
その分、演出でカバーしていた。舞台の転換や照明、奥行きを上手くつかっていた。小劇場の演劇っぽい感じ。その飾りの足りなさ、シンプルさを逆手にとって、観客のイマジネーションに多くを委ねられる感じ。結構好きよ、こういうの ^−^

驚いたのは、初日でもない平日公演で心配してた客の入り。2階に立ち見まで入る盛況っぷり。去年のテアトル銀座より400ばかりもキャパ大きいのに。去年の今ごろが嘘のようだね。嬉しい ^−^

あ、どこだったか忘れたけど、あやミューのレポで去年ごまミューにでてたトオルちゃんや熊子おばちゃんが出てたってレポートみたけど、それ間違えですよ。おばちゃん役の人は今年もごまミューです。今年もしっかり笑わせてくれました ^−^

「サヨナラのLOVE SONG」
次のシングルになる劇中歌。シンプルなバラード。サビの歌詞あたりは、まぁまぁかなぁ。うまく女子高生とかにハマッてくれるといいなぁ。ヒアシンスよりは女の子ウケするような気がするのですが、どうでしょう?

ただ、正直バラードなら、アルバムの新曲2曲の方がいいかも ^−^;
もっと言うなら「口づけ〜」をシングルカットしようよ ^−^

まぁ、ぶっちゃけ物語に入り込んでいて涙ながらに見て、聴いてたので、曲の印象はぼやけてたり ^−^;
フリートークの方に感想あげるのは、もう1度見て、あるいは音源で聴いてからにしよう。

さて、次は東京千秋楽になります。
アドリブもいれられそうだし、どんなものになってるか楽しみだな〜。

第2部:ミニコンサート
01.うわさのSEXY GUY
赤い衣装で登場。いきなりヒートアップ。
みんな、ゴマ紺不足が深刻だったと見え ^−^;
ごまヲタもごっちんも張り切りすぎだから〜

-MC-
挨拶。ちょっとカミカミな感じに聞こえた。
あと、後ろ〜とか2階席〜とか煽り。

02.原色GAL 派手に行くべ!(バックダンサー:ココナッツ娘)
衣装チェンジ。赤い衣装を脱いでカラフルな感じの衣装へ。

03.スクランブル
スクランブルきた〜。秋を思い出す。会場もオ〜っと、さらに盛り上がったような気がした。

-MC-
思い出の1本のカセットテープ。というフリから懐かしい話、思い出話へ。
「青山劇場といえば、娘。でミュージカルやったんだけどぉ」
「そのときは、男役だったのね。で、紺野が相手役でぇ。リハーサルとか、私はまだ台本片手なのに、苦手なのよね〜台本覚えるのとか ^−^ で、紺野とかはもう台本無しでやってて。結構焦ったりしてて」
「そんな状況で寝言でね、、、」
『紺野、愛してる』
「とか言っちゃって!うわ、私、今紺野愛してるって寝言で言った、ってのがわかって、バッて起きて ^−^ 今、私、紺野愛してるとか言った?みたいな ^−^;」
「次の日、メンバーとかにも話したら笑われたっけなぁ〜」
みたいな話しでした。(超うろ覚え ^−^;)

04.愛のバカやろう
さらに衣装チェンジ。またまた衣装を脱ぐと、上下分かれたゴールドな衣装。
C列くらいだと傾斜が緩やかなのと、前のヲタが背が高くてステージのごっちんが見づらく。見えるポジショニングをとったら動きづらかったので、野鳥の会へと移行。普段のライブだとなかなか歌ってるときに野鳥の会できないからね〜。新鮮。どアップで見る歌うごっちんは、めちゃくちゃかわいい&かっこいい。。。

05.抱いてよ!PLEASE GO ON(バックダンサー:ココナッツ娘)

06.曲名不明(ミュージカルの歌。この曲がカップリングのDance Dance Danceかな?)
この曲のサビの振りあたりは、客席も合わせたいトコロ ^−^

ごっちんは、顔も少しふっくらしてきて、身体もうっすら脂肪がのってきた感じ。それに髪が少し伸びてきて、、、なんか、めちゃくちゃかわいいんですけど!!!!!
今のごっちんを見るだけでも価値あるって!!!
どアップで見ながら、うわぁ〜こんなかわいいごっちんをハワイで近くで見た日にゃぁ、、、なんて考えるだけでドキドキしてきた ^−^

終了後、ツナピーとどらさんと軽く飲んで帰宅。