×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

コンサートレポート



モーニング娘。コンサートツアー2003春
〜NON STOP!〜 レポート
in さいたまスーパーアリーナ 2003/5/4〜5/5

■5月4日■

5月4日は、栃木のゴルフ場で迎えた。6:00過ぎには目を覚まし、ゴルフ場で朝食をとって、一路帰路へ。
約3時間のドライブで帰宅。朝のうちに家につけたので、思い立って洗車へ出かける。このドライブ中&洗車中、No.5聞きっぱなしで今日の夜に備える。(厳密には朝の空気の中、オサヴリオでまったりドライブしてた。田舎のきれいな景色となんかあうような気がした)

洗車から戻ると、そこそこの時間になっていた。録画予約の確認などをして、さいたま新都心へ向かう。

さいたま新都心駅でhiro_oさんと合流。
会場前に集まっていたみなさんのところへ移動。なんかすごい人数が集まっていた ^−^

18:00過ぎ会場に入る。今日はA-3の2列目と絶好の席。舞台の左側のセットの正面。こっちにきてくれる時が楽しみだなぁ〜と思う。前の席はそんなに大きい人いない&斜め前の舞台を見る方向には女の子、そしてステージが高いということもあって、視界をさえぎるものは何も無い!状態。ドキドキしてくる。

後ろの方を見ると400レベルは使われていない状態。いろいろ地方での客入りの悪さなどうわさで聞いていたけれども、こうして現実として見ると頑張らないと、という気持ちに改めてなった。

そして、ステージの幕が開いた。

Opening
オープニングのビデオがスクリーンに映し出される。最後に龍宮城の文字が。そっか、あのステージは龍宮城のイメージなのね。

01.AS FOR ONE DAY
初生AFODは良かった。ただ、TVサイズにあわせてある曲なのかなぁ、と思った。フルコーラス(だったよね?)だとなんか無理やり長くしてる感じがする ^−^;
とりあえず今日は、最後はその曲で印象に残った娘。をコールすることになんとなく決める。ここではたぶんりかっちコールだった。

02.TOP
03.「すっごい仲間」
やっぱアルバム曲が入るといいね。この曲くらいから前のセットまで娘。がくるようになる。いや〜〜〜、近い!なんか、もうやたら飛んでたような気がする ^−^;  最後まで近くにきた娘。やセンター付近にいるときもこっち側にいる娘。を見るので精一杯で今日はステージ全部を見れてない ^−^;
ヨッスィーが特に多くこっちに来てくれた&反応良かったと思う。こっちの方に手を振ってくれて。なにか言ってくれてて。(当然聞こえないけど、盛りあがってる?とか楽しんでる?とかって感じかなぁ)


-VTR- (メンバー紹介)
-MC-(メンバー挨拶)
まぁ、挨拶はあんまり去年と変わらないような。(特に明日気が付くのだけど、スクリーンでの効果とかこの日は気づいてなかったし^−^;)

04.モーニング娘。のひょっこりひょうたん島
05.恋愛レボリューション21
この日初めて、あ、ごっちんいないんだな、って思った。それまで、そんなこと忘れていた自分にちょっと驚く。
まだ、「まこと〜」コールはできそうにない ^−^;


06.強気で行こうぜ
もっと後半かなぁと思ってたんだけど、割と早くきた。
娘。たちが近くであおるのも手伝って、飛びまくってた。楽しい!


07.ズルイ女 / ココナッツ娘。

08.はじめてのハッピーバースデー / カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。)
久々のハッピーバースデーは楽しかった^−^

09.バラ色の人生 / 飯田圭織
ひたすら聞き惚れてました。一拍間があくところでぱらぱら拍手が。まだ早いぞ〜 ^−^;

10.WOW WOW WOW / プッチモニ
左サイドであおってるときは、またまたひたすら飛んでました。左サイドから右サイドへ駆け抜けていくときに、上の段から、下のステージに飛んでいく、まこととヨッスィーがかっこよかった。

11.ロックンロール県庁所在地 / ミニモニ。
-VTR- (モーニング娘。じゃんけぴょん大会)
優勝はのの。

12.LOVEマシーン
13.「すごく好きなのに・・・ね」
14.Yes! POCKY GIRLS / POCKY GIRLS
今回、もっとも評判が良く、待ちに待ってたPOCKY GIRLS。予習が足りませんでした。ぱっと見ではできません^−^;
ここでは、あいぼんコール。


-MC- (ビーナスムース)
去年の七人組を彷彿とさせるMC。

15.女神〜Mousseな優しさ〜 / ビーナスムース
今日は唯一コンサートが設定されて無い日だったので、ごっちんこないかな〜、なんて淡い期待をしてました ^−^;
(見に来てたそうですが)
ちょっと不安定に感じた。特にやぐっちゃんのソロパートがちょっとかわいすぎ、といえばいいのか、強すぎると言えばいいのか。元の淡いイメージが足りないように感じた。
ここではかおりんコール。


-MC- (POCKY GIRLS)
りかっち司会による、モーニング娘。意識調査。あいぼん、なっち、愛ちゃん、が質問者だったかな?
一番こっち側にいたなっちや、あいぼんなどがなんか楽しそうにしゃべってるのに萌えてました ^−^


16.そうだ!We're ALIVE
ここから、怒涛のシングル攻勢。

17.I WISH
やっぱり、I WISHはいただけない。ごっちんのいない娘。でこんな中途半端な構成で続けるならば、セットリストから外すべきだ。最初のまこっちゃんが担当するごっちんパートで違和感を感じてしまった。低いんだよなぁ。突き抜けてくる感じを期待しちゃうので、ちょっと物足りない。

18.ザ☆ピース
19.ここにいるぜぇ!
なんかあっという間に終わってしまった ^−^;

-アンコール-
-MC-
20.
卒業旅行〜モーニング娘。旅立つ人へ贈る唄〜
アンコール中に「次はDiNだから。6期紹介ですよ」ってhiro_oさんに聞いていたので、ちょっとびっくりした。あ〜、ついにきたな〜。といよいよ実感。ちょいとうるっときそうになった。なったんだけど、、、

-MC- (6期メン紹介)
圭ちゃんの最後の挨拶に引き続き、6期メンの紹介をそのまま圭ちゃんが担当。う〜ん、今日唯一といっていい不満はここだ。せっかく、卒業旅行で圭ちゃんの卒業に浸ってたのに、あっという間にその気分を壊されてしまった。ありえないだろう〜。わざわざ順番変えてまでなの?なぜ?DiNが前で、最後卒業旅行でいいじゃん。。。
個人的にはすでに6期メンを受け入れる気持ちは、準備万端だったのに、この演出でちょっと引いてしまう ^−^;

21.Do it! Now

↑のような不満をもったまま曲に突入。後ろのほうではこちらからは、れいな&後半はミキティーが見えた。最後の羽を広げるようなところ、ミキティーまだまだ固い。手の先にまで表現がついていってないなぁ。とか思ったり。(僕が見てる、基準がごっちんなのでこの部分の採点は厳しいかもしれません ^−^;)

去年のごっちん横アリのようにWアンコールを期待してたんですが、あっという間に明るくなる。あれ?ネバフォゲは最後だけなのかな?などという思いと共に終了。

とにかく、2列目最高!これにつきる!
初めて娘。コンを近くで見たけど最高だね〜〜〜。いろいろ娘。コンに文句もありましたが、そんなの全部吹っ飛ぶね ^−^;

去年の秋コンでは、まだ気持ちの整理がついてなかったのか、そこにいないごっちんの姿を、声を探しながらみていたように思う。でも、今日は純粋に娘。コンとして楽しめたと思う。

終了後、集まって大宮アジアンキッチンへ移動。
2次会は焼肉屋。で、まぁ、眠くって意識を失ってしまい、ご迷惑をおかけしてしまう。すみませんでした ^−^;
帰れない組で、西川口のラブホにお泊り。こちらの部屋は、かとけん。さんと波だしさんと。かとけん。さんはしっかりビデオをチェックしたらしい ^−^;
しかし、このビデオといい、全体的な雰囲気といい10年くらい前のラブホって感じだった ^−^;


■5月5日

朝、ラブホを出て、いったん帰宅。
ごっちんミュージカル特番や、ハロモニなどをチェック。かるく睡眠をとって、さいたまへリターン。

途中、カオリニストさんから電話が入る。昨日の具合を見て、ちゃんとこれるのか心配だったみたい ^−^;
本人は二日酔いもなく、いたって元気だったのですが ^−^;

会場のそとで、ふる生きさんとかに昨日のことを謝ったりしてると、かずさみなとさんに声をかけられる。お会いできてよかったです。かずさみなとさん中心に、「しょい」をして会場へ入る。

今日は200レベルの6列目。B-1の横と、200レベルにしては最高の位置かも。へたにB-1とかだと、僕の背だと厳しいので、こっちの方が良い。
と安心してたのですが、ひとつ欠点が。隣から親戸席という、ハロプロコンの横アリで見た、立ってる人と座ってる人の境目にあたってしまう ^−^; となりは子供連れのおばさん。。。

開演前に、小さなメモがまわってくる。ネット上で話題にはなっていた赤いサイリウム計画のことだ。正直、かなり今回のこの計画には半信半疑だったし、なんか作為的過ぎていやだなぁと思ってたんですよね。隣は親子席だし、まわさなくていいや、という感じで。

さすがに今日は上の方まで席が埋まっていた。とにかく、ほっとした。

開演前には、去年のごっちんの時のように会場を包む異常な高揚感というか、緊張感のようなものは感じられなかった。しかし、昨日に比べれば確実に圭ちゃんコールなどが大きく沸き起こるなか、ラストステージの幕は上がった。

前半は、昨日との差分だけで。


-MC-(メンバー挨拶)
昨日は2列目でぜんぜんスクリーンを見てなかったので、気づいていなかったですが、まゆげビームとかいろんなところで、画面効果が入ってたんですね ^−^

06.強気で行こうぜ
この曲に限らずですが、全般的に昨日の2列目でテンパってた自分と違って、かなり控えめで。となりのお母さんにジャンプしてぶつかっちゃったし ^−^;

09.オサヴリオ / 飯田圭織
今日はオサヴリオでした。昨日と同じくただ聞き惚れてました。

-VTR- (モーニング娘。じゃんけぴょん大会)
ガキさんが優勝。(だったと思う)

-MC- (ビーナスムース)
昨日のかおりの駄洒落はアドリブだったのかな?鯖とかなんとかって駄洒落が今日は無かった。

-MC- (POCKY GIRLS) 
今日は、圭ちゃん、のの、こんちゃん(だったかな?ガキさんだったかも?)が質問者。
昨日のなっちと、今日のののはそれぞれでネタなんですね。この二人の仲のいいのは微笑ましいのですが、最近このネタ多すぎな気が ^−^;


19.ここにいるぜぇ!
と、ここまではなんかそれほど普段のコンサートとかわらない雰囲気だったように思う。

-アンコール-
アンコールがあけると、、、一面に赤いサイリウムが!!!
横アリよりも広いさいアリ。みんな半信半疑の中、成功するとは思っていなかった。びっくりした。
かおりがすごい反応していた。
なっちが圭ちゃんの好きな色なんだよね、ってフォローしてくれた。
圭ちゃんがよろこんでくれた。
企画自体にはいろんな思いがありますが、やっぱり娘。が喜んでくれるのを見ると、成功してよかったね、と思いました。


-MC-
20.
卒業旅行〜モーニング娘。旅立つ人へ贈る唄〜
泣かないで、笑って送り出すつもりだったのですが、、、やっぱり無理でした。
赤いサイリウムの波に涙する圭ちゃんの姿を見たら、もう ^−^;

そしてこの卒業旅行。ペンライトを振り上げていたかどうか覚えてない。ただ、ただ、いっしょに卒業旅行を歌っていたとは思います。


-MC- (6期メン紹介)
いや、昨日にも増して、ここにこれが入ることに大きな嫌悪感が。
6期の挨拶なんてまったく耳に入ってなかった。

21.Do it! Now
ここもいっしょに歌っていた。ごっちんの卒業を少し思い出しながら。ごっちんが卒業するときと同じように、圭ちゃんの夢がかなうことを祈りながら。
♪夢は絶対かなうから♪


-MC-(各メンバーから圭ちゃんへ贈る言葉)
愛ちゃんは泣き崩れ。あいぼんは辞めないでほしいと。ヨッスィーや矢口は気丈に振舞っていた。とにかく泣けた。圭ちゃんがメンバーにとって、どれだけ重要な役割を持っていたのか。改めて、感じさせられた。そのことに泣けた。圭ちゃん、ケメコ、けめちゃん、おばちゃん、たくさんの愛称を持つ圭ちゃん。たくさんの愛称の分だけ、たくさんの愛情がそこに存在していた。

22.Never Forget (Rock Ver.)

Mステのワンコーラス以外、まったく聴かないでのりこんだこの曲。ここもいっしょに歌ってました。

最後に圭ちゃんがありがとうのコメントを残して退場。
その後に残りのメンバーが退場。

終了後、大きな圭ちゃんコールが。特にアリーナの前方はいつまでも鳴り止まなかった。
会場の外にでてもあちこちで大きなコールが起こっていた。このまま、このパワーを街に放していいのか心配でした ^−^;

会場の外でもう一度みんなで集まって「しょい」をした。

厳しいことを言えば。スタッフの用意した卒業式は失敗だった。
ファンの圭ちゃんの卒業式を成功させようという気持ちと、娘。メンバーの圭ちゃんへの愛情があの場のあたたかい空気を生み出した。
改めて思った。モーニング娘。最高!と。
そして、娘。のファンも最高!だと。

モーニング娘。はやはり母艦だったんだ。すべて、そこから始まる航海なんだ。
We are the Morning Musume。's Crew!

モーニング娘。はあらたな航海に出る。2艘の船に分かれて。荒れた海が待っているかもしれない。はたまた、穏やかな海がまっているのかもしれない。古い船を動かす水夫は新しい水夫かもしれない。新しい水夫は古い水夫から、きっと海の怖さと怖い海へ向かう心構えを学ぶのであろう。裕ちゃんから圭ちゃんに引き継がれたように。さらに下の世代に引き継がれながら。きっと大丈夫。船が前に進む限り、僕は同じ航路を進む乗組員でいられる。応援していける。そんなことを漠然と思っていた。。。

今日もアジアンキッチンでかるくクールダウン。
さっきまで泣きはらしていたのを隠すかのようにはしゃいでいたのかもしれない。でも、どこか、なにかみんな満足げにすら感じて。圭ちゃんの卒業式を成功できた喜びと、共に、みんなひとつの確信を得た夜だったんじゃないかな、なんて思ったり。いろいろあるけど、やっぱり娘。が好きなんだな、と。

それだけがたった一つの真実。それでいいじゃないか。