×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

コンサートレポート



後藤真希コンサートツアー2003秋
〜セクシー!マッキングGOLD〜 レポート
in 山形県県民会館 2003/10/26

AM1:00過ぎ、カオリニストさんと合流して、車で一路山形を目指す。
まずはなぜか上山競馬場に目的地はセットされていた ^ー^;
上山競馬場は、圭ちゃん卒業記念のレースがあったところと。あーそんなのネットでみたな〜。

途中、SAで2時間ばかり仮眠をとったりして、6時間程かけて上山(かみのやま)競馬場に到着。所要時間が6時間何分とかってことは、到着が7時半くらいか。高速道路から見える山並みは紅葉が綺麗だった。

上山競馬場の壁を飛んで向こう側を見ると、すぐそこを馬が走っていた ^ー^;
ニストさんや、ごまどらさんは記念に面白い名前の馬の単勝馬券を買っていた。
マッキースター、オモイデ、ユウコチャンなどなど ^ー^

上山競馬場をあとにして、とりあえず会場に下見。9時過ぎくらいだったと思うけど、まだ会場に人影はなく。というか、会場にもポスター一つ貼っていない。静かな感じ。裏道に入ると、ちょうど昨日みたオレンジ色のトランスポーターが停まっていて、搬入作業を行っているところだった。(この時、未来の扉が置いてあって、扉を包むカバーに、ごっちん直筆で”どこでもドア”ってのとドラえもんの絵が書いてあったのを見た勝ち組がいるらしい。羨ましい ^ー^)

朝ご飯を食べて、昨日の汗を流すのと、3列目と良席へ身を清めて臨むために、蔵王温泉へ。蔵王温泉まで行く道の間に飯田町とか、飯田町安倍マンション?とかって看板があったりでニストさんが盛り上がる ^ー^
蔵王温泉まで行く山道の紅葉も綺麗だったし、紅葉を見ながらの露天風呂は最高だった ^ー^
温泉に入り、休憩所の畳で2時間ばかり睡眠をとる。

13:30過ぎくらいに会場近くの駐車場へ。
駐車場へついて準備をしていると、夜チケの取引相手から電話。
少しお話したんだけど、地元の人らしくなまりがありました。その人はメロン推しだとか。
東京からって言ったらびっくりされてました ^ー^;

昼の部。
もう15:00過ぎで、開場から30分以上たっているのにまだ、開場するための列が続いていた。

秋ツアー、いまのところ最前となる3列目。しかも通路席。ちょうど特等席のベストポジションあたりじゃねぇか?と期待が高まる。
後ろを見ると、結構埋ってた。一番後ろのブロックのサイドがちょっと空いてるくらいで、9割がた埋ってたかな。
で、こちらも地方コンらしく、子供や親子連れが多かった。

01.愛のバカやろう(trance trip version)
越谷以来2回目?昼公演から左サイドから登場!
ち、ちかいよ!いきなりこっちの方見たよ!髪切ったごっちん、マジかわいいよ!!!
2〜3列右隣のあたりにじーっと見る光線の犠牲者が。おしかった。。。くらいたかったよ ^ー^;

04.晴れた日のマリーン
青い衣装やばいね。これ至近距離で見たら、あまりのものにクラクラしちゃう ^ー^

05.特等席
特等席キターーーーー。予想通り!まさにここは特等席!!!
舞台に腰掛けてるところも正対してる感じ。ちょうど目線の高さもあって、スカートあたりが気になったり ^ー^;
そして、そこから舞台の前に来て、サビ〜間奏のところ。まさに、この通路の線上!
思わず通路に思いっきりはみ出して、目の前で正対してあのかわいいダンスをくらう。かわいすぎる。もう自分がどうしてるかわからない ^ー^;
たぶん、正対して一緒に踊ってたハズ。

-MC-(マッキングルーム)
最近しくった話。(しくったに反応したのか、会場がどよどよした)
「最近っていうか、昨日の話なんだけど」
「甥っ子が髪切りにいって。どーも、お姉ちゃんや甥っ子が思ったよりも切りすぎちゃったみたいで、ちょっと気になってたみたいで。帰り道にしきりにお姉ちゃんに、「変じゃなーい?」って聞くんだって。」
「ちょっと気に入らないみたいなんで、真希からも大丈夫だよって言ってあげてよ、って言われてて」
「で、今朝、ねねーって甥っ子が部屋に入ってきて」
「あ、私ね、ねねって呼ばれてるのね」(ねねの部分は声まね?でかわいらしく。ねぇねって聞える感じ)
「入ってきた瞬間、私ね ^ー^」
「イヤーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーって叫んじゃってぇ」
会場「えーーーーーーーーーーーーーーーーー」(ひどーいって感じかな ^ー^;)
「シャラップ!」(かわいく。めちゃかわいかった ^ー^)
「でね、あ、やばい、気にしてるんだったって、その後、かっこいいーってフォローしたんだけど、見逃さなかった」
「顔、ちょっとピキッてしてた。こう額のところにピキッて ^ー^;」
「あー、しくったなぁって」

マッキングルームのネタは、「秋と言えば」
村田さんの回答の村田村が宮城県ですぐ近くということもあってか、会場が村田村に反応してた ^ー^

09.MI DA RA 摩天楼
メロンは3列目だったけど、なるべく普段通りに。
間奏明けの斉藤さんのパートはかっこいいね。

10.This is 運命
途中でしばっちゃんが、手を横にしてかわいらしく、僕の斜め前の最前の人に顔を近づける感じのところがあった。ちょっと羨ましい ^ー^
っていうか、すぐ横に濃いメロンヲタがいるのに、なぜかそのとなりの普通な感じの人に。ちょっとかわいそうだった ^ー^;

14.盛り上がるしかないでしょ!
あまりに飛び過ぎたからか、かばんが椅子から落ちる。なんか椅子がちっちゃかったんだよね ^ー^;

うすい会場を盛り上げるためか、うすい会場の割に盛り上がった事にテンションがあがったのか、市川以来のモニターに足掛け→ジャンプの激しい、かっこいいごっちん!

15.抱いてよ!PLEASE GO ON
高速OAD(風)してたら、となりの人とバッチリタイミングがあった。なかなか、綺麗なOADをする人だった。
あー、ヲタ芸とか一緒にやるのって良く判らなかったけど、こうやってバッチリあうと楽しいかもねー。

-アンコール-
-MC-
16.LIKE A GAME(with メロン記念日)
-MC-

「まだまだ目指すところもある」
もっともっと成長する、って言い方から上をとハッキリとした言葉になってきたここのコメント。はっきり、”目指すところ”という発言となりました。みんなで見つける、まだまだ新しい後藤真希もステキだけど、”今”ごっちんが目指すところってのはどういうトコロを意識してるのかな。聞いてみたい。

「それでは、最後の曲」
会場「えーーーーーーーーーーー」
「えーーーって」(昨日同様、こまったような、うれしいようなかわいい表情)
会場「新曲!」
「新曲?それはまだまだ ^ー^;」
「えーって、私はどっか行っちゃったりしないからぁ。みんなの前からいなくなっちゃうわけじゃないんだから ^ー^ また会いに来てよ♪」

17.スクランブル


他の会場でも子供や親子連れが多い回はあるけれども、山形ほど、子供や女の子の歓声が大きい会場は無かったと思う。ごっちんからのちびっ子に女の子のみんな〜の呼びかけにもすげー声出てた。偉い!熱い!山形!

いや〜、3列目最高!ほんと、表情も細かいところまで見れるし、体の張りというか、そういうところまで感じられる。もうね〜。モニターに映らない部分の表情。曲に入るところの意地悪っ子みたいな、かわいい感じの表情とか最高!!!めっちゃかわいいの!!!
体もね。一時の痩せすぎって言われてた頃から、確実にイイ感じになってるね!
あー、もう、なんて書いてもあの生々しさって伝わらないよね ^ー^

福岡の最前の時の余裕の無いテンパリっぷりからすれば、この良席でごっちんをじっくり堪能できたなーと思う。
もしかすると、しばらくごまコン、間空いちゃうからと思って頑張ってここまで来たかいがあったよ!
一つ残念なところがあるとしたら、前2人がメロンヲタという場所だったので、ちょーっと、3列目にしてはレスが少なかったかなぁ、と。それくらい。

夜の部。
一旦、車に戻って着替えたり準備したりして、会場へ。
さっきかばん椅子から落ちたりしたので、かばんはおいていく。

夜は9列左サイド。右隣は地元の娘。ヲタと、その向こうはごまヲタ遠征組。左隣が女性だった。
後ろを見ると、最高峰のブロックがセンターの親子席にちょろっといるだけで、まったく使われていない。新幹線の無くなる夜はうすいだろうな〜って思ってたけど、やっぱり ^ー^;これはがんばらなければ!と気持ちを引き締める。(あの空いてるところ行きたいなーと思ってたけど、係員が厳しくダメだったみたい。)

01.愛のバカやろう(trance trip version)
前の何列かが親子連れとか地元の人が多かったみたいで、昼に左サイドから出てきたからかみんな左を向いていた。いや、絶対出てこないから、と思いつつ、すこーし期待してみたんだけど、やっぱり夜はセンターから。
昼も夜も、さすがに地元の人が多い&初見なのか、どちらも会場がざわざわした。ナイス反応 ^ー^

-MC-(マッキングルーム)
ショック。。。MCで初めて右サイドの方にいかれたよ。。。(他のところみてたら、右サイド常連多かったみたいだったからかなぁ。左サイドは一般人多くって、まじヤバイと思って頑張ったもん ^ー^;)

最近のショックな話。
「姪っ子(だったかな?出だししばらく右にいかれたショックで覚えてない ^ー^;)が言葉を覚え始めて名前とか覚えさせてて」
「ぱぁぱ、とかまぁまとか喋るの」(赤ちゃん言葉でかわいく ^ー^)
「で、私、ツアーとか仕事でいないこと多いから家族が忘れたりしないようにって気を使ってくれて、カレンダーとかうちわとかを飾って、ねね、って覚えさせてくれてるのね」
「この間、ねねだよー、って自分を差してねね、ねねって声かけたら、なんか不思議そうな顔するの」
「不思議そーな顔で、壁の方を見て。」
「その壁ってのが、カレンダーとかうちわとか置いてある方だったの ^ー^;」
まるで高度成長期のサラリーマン川柳のような話 ^ー^;
俺もいま子供とか作ったら同じ事になりそうだなぁ。平日は朝早く夜遅く。週末はごまコンでいないし ^ー^;

マッキングルームのネタは、「体どこから洗う」
村田さんの回答の村田村が宮城県ですぐ近くということもあってか、会場が村田村に反応してた ^ー^
昨日もこれだった。最近、新ネタ多いのに2回やらないものが多い。体どこから洗うネタは一番最初のネタだけど、オチとか分かりやすく、地方とかの薄いところだとやりやすいのかもしれませんね。

08.チャンス of LOVE
-MC-
マサオがこんにちはーって言っちゃったところを、すかさず瞳がこんばんは、でしょ?とツッコミやり直し。

10.This is 運命
最後にしばっちゃん。
「栃木のみんなー」
会場「えー!?」
「山形のみんなー、愛してる!」(説得力無し ^ー^;)

13.くちづけのその後に
サビの捧げるところ、目が合った!!!

14.盛り上がるしかないでしょ!
あまりに薄い左サイドに来てくれるか心配で、MCで向こうにいかれた事もあって頑張ったかいがあってか、来てくれた〜。ちかーい。

でも、うすうすの左サイド最前ブロック。最前ブロックより後ろの方を見てることが多く、あまり目線を落してくれませんでした。。。

-アンコール-
最前ブロックの左サイドは前述の通り、うすうすだったので頑張っていつも以上に声を出す。
入ってる人数の割には最後は大きなコールに出来たと思う。

-MC-
16.LIKE A GAME(with メロン記念日)
-MC-

なんか、ちょっとごっちんキテルように見えた。
「ホントに私、幸せもんだなぁ」
「それじゃぁ、最後の曲」
会場「えーーーーーーーーーーーーーーーーー」
「えーって ^ー^; 今日で終わりじゃないんだから。」
「また来るから!約束するから。また会いに来てね!」

17.スクランブル

あまりの薄さ、頑張らねば!と思い、普段はやらないLOVEまで精いっぱいコールしてました ^ー^;

-最後のお言葉-
「ホントに幸せな1日を過せました。山形のみんな、楽しかった♪」

最後の方で”幸せ”という言葉を何度も使ってました。
山形という地方、薄さ。どんな反応なのか心配だったのではないでしょうか。それが、熱いヲタの声援と、昼の地元の子供たちの大きな声援。こういったものが、ごっちんに届いたのかな、って思います。それくらい夜公演は、うすさの割に声がでていた。ヲタ一人ひとりがいつもの倍以上の声援を送っていたのだろう。
「また来るから!」
山形でここまでごっちんに言わせたのは、ヲタのパワーだったと思う。

思えば春ツアーの南足柄。あそこも一般が多く薄かった。あの頃はあの頃で頑張ってたけど、今日の声援・会場の雰囲気は比べ物にならないのではないだろうか。それだけ、濃い熱いヲタが増えてきたのかなぁ、と嬉しく思ったり。

まぁ、個人的には声援とかはがんばったけど、昼は通路席であまり気づかなかった席が狭かったのと、左隣が女性だったってこともあって気を使ったりしてて、動き的には制限されてる感じして、ちょっと物足りない感じもありつつ ^ー^;

あとは、左最前ブロックが薄くてまいった ^ー^;
特に僕らの前1列の男達は、ずーっと微動だにせず立ってるだけ。盛り上がる〜でこっちに来ても微動だにせず。そりゃー目線おとしてくれねーっつの ^ー^;
なんとか最後は乗ってくれないかな〜っと思ってエールしてたけど、ダメだった。。。
その前の家族連れとかはそれなりだったんだけどね〜。
まぁ、そのおかげで推しジャンプとかすると遮るものなくって目立つ目立つ ^ー^;
昼の3列目より目線あった&アピールできたんじゃないかなくらい ^ー^
他にごっちんが見るところないんだもん ^ー^

終演後、すぐに帰路へ。
一番最初に降りるってことあったので、頑張って車中一睡もせず頑張りました ^ー^
途中のSAでの食事も込みで約4時間くらい。2:30頃帰宅。

お疲れさまでした。
特にカオリニストさん。ありがとうございました。
また、山形に来るってことなのでその際にはまた、是非お願いします(ホントかよ ^ー^;)