×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

コンサートレポート



後藤真希コンサートツアー2003秋
〜セクシー!マッキングGOLD〜 レポート
in 足利市民会館 2003/10/25

足利まで時間がかかるので、いつものライブより早めに起きる。寝不足な今週、早起きが辛い。&風邪が酷くなりつつあり、昨日から鼻水が止まらない ^ー^;
駅で風邪薬を買って、足利へ向かう。
約2時間くらい?ほとんど寝ていた ^ー^

で、もうすぐ到着ってところで、覚えのある駅名が目に飛び込んできた。
『福居』
父方の祖父の家があったところ。準地元コンといったところか。
もう、福居にくることもないだろうし、地元コンな気持ちを盛り上げる意味も込めて、時間もまだあったので、この小さな駅で降りてみる。

駅の感じは変ってない。
駅前の様子は良く覚えていなかった。ぶらぶらと確か家のあった方向に歩いて行ってみる。
見覚えのある小川の横を歩いていくと、なんとなく、このあたりだったなぁ、という場所にでる。もう、家は無くなっているので、はっきりした場所は確定できなかったけど。いとこの結婚式に着付けとか髪飾りとかしてくれたボロい美容室はまだあった。
しかし、ほんと、時間が止まっているような町並みだった。唱和40〜50年くらいのような商店や朽ち果てた家等々。。。

足利市駅について、同じ電車だったごまどらさんと合流。駅内のドムドムでURUGUSさんと合流。
水を買って、タクシーで会場へ向かう。渡良瀬川を渡って、見覚えのある建物に見慣れない看板。あそこにはキンカ堂があったはずだよな〜。おばさんが働いてたんだよな〜って思って、タクシーの運ちゃんに聞いたら、別の場所に移ったらしい。

そんなこんなで、少し帰郷気分も盛り上げつつ、会場到達。
波出しさん、かっちゃんさんと合流。

昼の部。
足利市民会館は、だいぶ年期の入った会場に見えた。(ちょっとボロい感じ ^ー^;)
昼は23列。自分の分のFCチケ。25列しかない会場で23列って。。。ほんと、FCチケ運ないなぁ。。。
2階席は、1階席の最高列から始まる、1階席とかぶらない珍しい作り。
ヤフオクでチケが高騰していたというだけあって、席は満席という感じだった。

02.やる気IT's EASY
始まる前、ほんと熱っぽくなってきて抑え気味に行こうと思ってたんだけど、汗かいてきたら、そんな気分もふっとんだ ^ー^
(今回の遠征、4公演ともそんな感じ ^ー^;)

-MC-(マッキングルーム)
ごっちんトーク。最近の近況ということでフットサルの話題。この間、初めてフットサルを本格的にやってるチームと試合をした、と。
ごっちん「 その人達、ホントに凄くて。パスとかも凄いしぃ、頭でぼーんってボール蹴っとばすの!?」
俺「頭で蹴るって ^ー^;」
ごっちん「凄くない?」
俺「い、いや、あの ^ー^;」
ごっちん「普通、頭でなんて思いつかなくない?」
俺「 それはヘディングって言って、普通のことなんだよ、ごっちん ^ー^」
ごっちん「でも、ヨッスィーはできてた!」
ごっちん「で、試合の結果なんだけど、、、28対、、、、、、(溜め)」
会場「え〜〜〜〜〜〜〜(驚)」
ごっちん「えーって言わないの ^ー^」(リアクションがかわいい♪)
ごっちん「0!」
会場(笑)
ごっちん「でもね、でもね、コーチから褒めてもらったの。初めての試合にしては形になってたって。」
がんばれごっちん!

マッキングルームは新ネタ「最近泣いたのは?」
どたばた慌てて裸足で走ってたら、ブーツ(鉄板が入ってるくらい堅いとか)に足の小指をぶつけて、ココロの中でポケットティッシュ1袋分くらい泣いた、とのこと。(それは泣いて無いのでは ^ー^;)
メロンは、マサオはごっちん春ツアー最終日(ライブも良かったけど、その後の打ち上げでスタッフ一人ひとりと握手する時にぼろ泣きしてた、とごっちんからフォロー)、めぐみ・泣かない(だったかな?)、瞳・笑い泣き、で今回最後に紹介されるあゆみは、箱の中身はなんだろなゲーム(さわってさわってなんだろなゲームだっけな?)

-最後のお言葉-
ごっちん「マジで、、、」
会場の一部ヲタからなぜかL・O・V・Eが。ほんの少しだったんだけど、ごっちんがマジでの後を話そうとした瞬間で、一瞬ごっちん言いそびれる感じ。L・O・V・Eがどうのこうのってよりも、タイミング悪すぎ。アホ。
ごっちん「楽しかった」

会場も満席近かったし、盛り上がった。盛り上がりつつ、やっぱり地方コンは地元の家族連れや子供が多く、独特の雰囲気があるかも、と思った。ちょっとほのぼのしたような感じになるよね。

会場を出て、前の建物(市役所?)の2階のレストランで一休み。寒かったのでポタージュスープを。
座って一息ついた途端、体のだるさが戻ってきた ^ー^;

夜の部。
夜は20列と少し前。

開演前の楽しい一幕。
いつものように「マキマキマッキー」とかってウザイ声が。
そこに「うざいんだよ!」の声が飛ぶ。それだけなら、止まらなかったかも知れないけど、その声に対して大きな拍手が贈られる ^ー^
みんなウザイって思ってたんだなぁ ^ー^;
いいかげん今回で気づいて止めようね ^ー^>オレンジの服着た人たち
オレンジの服って言えば、昼公演、2列くらい前にたまにみるうざい2人組いたなぁ。MC中うざすぎ ^ー^;

-MC-(マッキングルーム)
ごっちん「あのさぁ〜、ちょっと」(手で呼ぶような仕草。)
ごっちん「おばさんくさいとか言わないの ^ー^;」
近くのヲタが、その仕草をおばさん臭いとか話してた模様 ^ー^;

で、トークは最近泣いた話。昼、小指ぶつけたって話してたじゃん?と思いつつ ^ー^;
伊豆の踊り子をビデオで見て泣いたって話。
「圭ちゃんと〜、辻ちゃん。ののたん、のんちゃんね。」(なぜか言い直す)
「その中で、圭ちゃんとの別れのシーンがあって。自分で出てるやつなのに、ぼろぼろ泣いちゃった ^ー^;」(ぼろぼろってところは、手で涙流れる感じのポーズ)
「みんな、見ました?」
会場から見たーの声。なんか、ごっちん意外そうでびっくりしてた ^ー^;
ちょっと前のドラマだし、とか思ってたのかな?

マッキングルームのネタは、何処から洗うかネタ。

-アンコール-
-MC-
「最高のコンサート、みんなで作ってるよね。みんな、どうだった?」
さいこー
「楽しかったよね?」
たのしかったー

16.LIKE A GAME(with メロン記念日)
-MC-
みんなと近くで〜等々話があったあと
「最初の頃、赤い日記帳とか、歌詞の意味とかわかって歌うと違うからって振り付けの先生とかにも言われて、がんばって考えてて」
「でも、今は1曲1曲それぞれにいろんな気持ちを込めて歌ったりできるようになって」
「出来てるよね?」
会場「出来てる〜」
「エヘヘ」

「それじゃぁ最後の曲」
会場「えーーーーーーーーーー」
「うぇー、って。うぇー、って ^ー^;」
ここの困ったよな、照れるような、嬉しそうなごっちんがかわいい ^ー^
「じゃぁ、また来てよね!」

17.スクランブル

-最後のお言葉-
「今日は、ホントに私、、、1番幸せだなぁ〜って」

オイラも幸せ♪

いや〜、楽しかった〜。
隣の人もノリが良くって。最後は握手&Hug。汗だくの野郎とHugなんて、ごまコン後のこの瞬間以外ではありえないね ^ー^;

関東圏、ここが終わると1ヶ月後の厚生年金まで間が開くからか、昼夜いっぱいで盛り上がった♪
外にでると、足利は寒かった。明日はもっと寒いんだろうなぁ ^ー^

駅までタクシーを探したけど、ぜんぜん通らない。
タクシー!と思って手を上げると通るのは運転代行の車ばかり ^ー^;
しかたないので、駅まで歩きだす。結局歩いてJR足利駅まで。

駅で波出しさんと別れて、駅近くのロイヤルホストで夕食。(他に店が見当たらなかった ^ー^;)
これから山形まで車で移動っていうことで、ビールを我慢 ^ー^;
2時間ばかりうとうとしたりして、カオリニストさんの車を待つ。

AM1:00過ぎ頃、カオリニストさん到着。
山形へ出発