×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

コンサートレポート



後藤真希コンサートツアー2003秋
〜セクシー!マッキングGOLD〜 レポート
in 市原市市民会館 2003/9/6

市井ちゃんと握手を終えて、そのままツナピコさんと市原へ向かう。

16時頃、会場へ着く。
まずは会場でグッズを購入。今回はリストバンド&パンフレット&スポーツタオル。
リストバンドは買うつもりだった。パンフレットは現物を見て。今回も紙ファイル形式でなかなか良い♪これ紙ファイルだけ売らないかな? ^ー^
で、スポーツタオルは余計な出費。タオルを持ってくるの忘れてしまったので ^ー^;

会場近くのデニーズで軽く食事&まったり。
大好評だった春ツアー。それからアルバムがでたわけでなく、大きな期待と共に不安もあって。開演が近づくにつれてドキドキしてきた。

昼公演が終わり、ごまどらさん、URUGUSさん合流。
どらさんの顔や、昼公演から出てきた人々の顔を見ていると、そんな心配も杞憂だったらしい ^ー^
どらさんの話によると、とにかく「祭」だと。凄いと。

僕が激しくネタバレ禁止していたので、僕がトイレに行ってる間に話を聞いたツナピコさんが、俄然やる気になっていた ^ー^
なんだ?何を聴いたのだ? ^ー^;

30分くらい前に会場入り。
19列の右端とがっかりしてたが、思ったよりも会場が狭く?見やすい感じ。
URUGUSさんが斜め後ろで、ほぼ縦連番 ^ー^
(会場内に流れてるBGMはTLCのアルバム「FANMAIL」だったらしい。TLCだって。ごっちんの好みかな?)

00.One Vision(Queen)
流れていたBGMから、BGMの音量でない大音量でロックなナンバーが流れてくる。なんか聴いた事あるな〜と思ったら、クイーンだったらしい。客席もヒートアップ。ロックンロール!!!
曲の終わりと共に、暗転、幕が上がる。

-オープニングムービー-
いきなり映し出されたのは、子供。キッズ?何?と思っていると、徐々に年齢が上がって、今のごっちんに。春に続き、かっこいい映像。頼むから、これを作ってるスタッフにPVもお願いしたい ^ー^;

01.愛のバカやろう(trance trip version)
オープニングムービーが終わり、愛のバカやろう。しかもtrance trip verisonで始まる!
いきなり愛バカ。この曲で終わった熱い春の記憶が一気に脳内を駆け抜け、そして今に戻った。鹿児島で止まった時間が再び流れ出した感じ。あぁ、やっぱりごっちんはライブが最高だ!と思った。
そして、この背後で流れている映像もカッコよい。ほんとPVも(以下割愛 ^ー^;)

02.やる気IT's EASY
2曲目でやる気!オイオイ!どうなっちゃうんだよ!

-MC-
挨拶だったかな?客席をちょっと煽った?良く覚えてない ^ー^;

03.溢れちゃう...BE IN LOVE (A Passionate Mix)
凄いカッコいいダンス。
舞台がダンスに合わせてすーっと少し回る。
ごっちんが横にスライドするように動く。ムーンウォークの横版みたいな感じで。それに合わせて動く舞台。
舞台装置の演出とごっちんのダンスが合わさり、効果倍増。このダンスを見た瞬間、ぞくっとした。かっこいい。
ホントかっこいい。

04.晴れた日のマリーン
げ〜〜〜!もうマリーンかよ!どこまで行くんだよ!もう汗だくだよ!
ぐっどふぃーりんおーらい健在!!!(ちなみに今回も客席から見て右サイド)

-MC-(ごっちん絵日記)
今回も絵日記だよ!絵が凄いかわいい絵になってる。
自転車に乗りたくなり、レンタサイクルにいったら、3輪車とか1輪車とか大人数で乗る自転車とかが出てくるっていうネタ。自転車ってことは、、、と思っていたら、

05.特等席
特等席キターーーーー。
この曲、カップリングの中でも人気高いしね〜。
つなぴー「特等席が聴きたいんですよね〜」
how「あ〜、したら自転車乗って出てくるな。きっと ^ー^」
つなぴー「会場狭いし、エアロバイクで。ちょーおもろい ^ー^」
なんて話をデニーズでしてたんですが ^ー^

そのまま自転車に乗ってごっちん登場!にこにこして出てくるごっちんににこにこ ^ー^
もう少し長い距離乗れるといいのになぁ。曲調に合わせてか、髪の毛を2つに縛ってる。かわいい。
自転車を降りて、舞台にぴゅんと飛び乗って座るごっちん。めっちゃかわいい!
あー、もうここはかわいいの連発だなぁ ^ー^;

06.手を握って歩きたい
そして、手握。ホント休む暇ないよ〜。
「出会ったみんな、ありがとう」も今回は普通に歌う。その姿に次への成長への意気込みを感じた。
このあたりで覚悟していた。今回はもう休ませてくれないんだな。MCもほとんどないような、激しいライブになることを覚悟し、期待していた。

-MC-(ごっちんのお部屋)
ごっちんのお部屋にメロンが遊びにくるって設定。正直いって不満。大不満。このコーナーいらない。メロン記念日のライブの一番いらないところを持ってきてしまった感じ。。。テンションダウン↓
上のような覚悟と期待をした後だっただけに落胆も倍増してしまった感じ。。。
最初の電気をぽちっとな!ってつけるところと、部屋についたから着替え(観客からひゅーひゅーなコール ^ー^;)ってところだけはかわいいのでアリ ^ー^

話の内容は、ごっちんが行ったかわったお寿司屋さんの話、ごっちんは変ってるという話から、好きな水着の柄の話へ。(ごっちんは黄色のビキニにワンポイント、柴っちゃんはデニム地、瞳嬢は豹柄、マサオは水着興味なし、村ッちゃんはプードルみたいにヒラヒラついてる水着)一般のアンケートに黄色のビキニなんてのはないから、やっぱりごっちんは変ってる!なんて展開。水着興味無し?裸?それは瞳嬢の回答では?なんて思ってたら、マサオは泳げないから水着無しと ^ー^;

水着の話からプールに行こう!と。(ここでしくった!が聴ける。個人的には2回言って欲しい。すっかりしくった!まで ^ー^;)でも、もうプールはやってないから温水プールに行こう!と。気がつくとドアが。これをこえたらすぐに温泉プール行けるよ!って言うごっちん。どこでもドア?ドラえもんのモノマネがオチなのか?なんて思ってたら、
ごっちん「これはね。未来の扉」
何?今なんと言いましたか?未来の扉?まさか、まさか、、、

07.未来の扉(with メロン記念日)
未来の扉キターーーーーー!!!
ヲフ会とかで何度も語っているかと思いますが、僕が娘。関係でもっとも繰り返し見ているDVDってのは武道館のDVDなんです。その中でももっとも良く見てる曲ってのが、この「未来の扉」(あと、「ダディドゥデドダディ!」の2曲はホント良く見てる)なんです!いや〜もう、参った!ほんと参った。この曲で手を振れる日がくるなんて!!!(結構分からない人いたみたいだけどね。URUGUSさんも分かってなかったし ^ー^; ごっちんが手を振らなかったら、あそこで手を振らない人も多かったかもね ^ー^)

ごっちん「この曲は凄い好きな曲なので、メロンのみなさんと歌えて嬉しかったです」
みたいな感想を残してメロンコーナーへ。

08.MI DA RA 摩天楼
この曲、生で聴いても微妙だ ^ー^;
どうしていいか分からない。

09.チャンス of LOVE
トークコーナーで盛り下がり、未来の扉で感動して盛り上がってきた気持ちが、この2曲でまたテンションダウン↓
メロンには悪いけど、ここにこの2曲を並べるのは駄目だと思う。。。MI DA RAだけで良い。

10.This is 運命
信じられない曲がかかってきた。一気に盛り下がってしまったテンションを上げるためか ^ー^;
ここで舞台装置がぐわぁーっとせり上がる。驚いた。
メロンはMI DA RAと運命の2曲でいいと思う。3曲にするなら、チャンスを外して盛り上がる曲にして欲しいな。
せっかくのセットリスト。この並びだけは、今までのハロプロ系の悪いセットリストを見ているようだった。

11.うわさのSEXY GUY
運命で盛り上がったテンションのまま、セクガイに突入!
せり上がった舞台装置に飛び乗るごっちん。コートのような衣装がかっこいい。
後ろで流れている映像はダンスバージョンのPV。う〜ん、これはいまいちだったなぁ。せっかくのかっこいいごっちんを映して欲しい。あるいは、春コンの映像の方がイイよ。

12.SHALL WE LOVE?
この曲も舞台装置に乗った状態でスタート。
脇にある、4つくらいのライトがせり上がり、4方からごっちんを照らし出す。綺麗。
なんか凝った装置。SMAPが夏コンで乗っていたような装置のライト版って感じ(わかるかな? ^ー^;)
今回は、見た感じはシンプルだけど、出来が良く、ライトや舞台装置にお金かかってる感じ。良い♪

13.くちづけのその後に

イントロでパッと出てこなかった ^ー^;
よいよ〜。ごっちんにバラード歌わせてよ〜。

-MC-
ごっちん「娘。に入って最初のアルバムの曲です。凄い好きな曲で今でも歌ったり聴いたりします。あの頃はまだ14歳で幼くて、良く分からないけどなんとなく大人っぽい曲だな〜と思ったけど、ちょっとかわいい歌詞もあったりして凄い好きなんです。」
みたいな感じ。で、盛り上がるしかないよね!の言葉とともに、待ちに待ったこの曲がスタート!

14.盛り上がるしかないでしょ!
盛り上がるしかないでしょ!

15.抱いてよ!PLEASE GO ON
いつくるんだ!と思ってたら最後に来ました!
PVのようにフラッシュするライトの中、踊り歌うごっちん。かっけ〜!!!
そして、バン!と爆発系の特効が。驚いた。ハロプロ系でこういう特効って無いものかと思ってたので ^ー^;
握手会でも生で聴いてたけど、全然印象違うよ!!!ひたすらかっこいいよ!!!
やっぱりごっちんはライブなんだよ!!!

-アンコール-
アンコールをしつつ、スクランブルやってないし、アンコールはスクランブルだな。あーやっぱりLIKE A GAMEは無くなっちゃったか〜、なんて思いつつ。

-MC-
市原は娘。で来たって話。その時、圭ちゃんのお母さんが差し入れで持ってきてくれたおにぎりが美味しかった。まっしろなご飯に梅干とか鮭とか昆布とか入ってて、それで力をつけてライブに臨んだ。あの時はまだ入りたてだったけど、今度は1人でこれて嬉しい、私も成長したのかな。と。そんな話をしているごっちんは、ちょっと涙目にも見えた。。。
そんな成長を見てください、みたいな感じで、
「よりセクシーに、激しく。この曲行きます、LIKE A GAME!!!」

16.LIKE A GAME(with メロン記念日)
LIKE A GAMEキターーーーー。
いや〜、どんなに盛り上がっても、やっぱりこの曲無いと!!!
別にこの曲こだわるわけではないが、やっぱり今一番、カッコいい後藤真希を味わえる曲だと思うので。
春ツアーとダンスは変っていた。今回はメロンと合わせる形でよりグループダンス色が強く。
そういう意味では、メロンにもっと頑張れ!と言いたい。メロンがもっと踊れるようになれば、もっともっとカッコよくなれる。このダンスは。

17.スクランブル

そして最後にスクランブル。
かっこよく。さわやかに。締めくくってくれました。

最初に書いたように不安な気持ちがあった。それを吹き飛ばすようなライブだった。
やっぱり後藤真希はライブでこそ、なのだ。改めて感じた。

大絶賛だった春のツアー。今日のコンサートを見て振り返れば。春のツアーには、卒業して初ツアーであったことや、セットリスト自体にもドラマがあった。ごっちんのパフォーマンス、進化する内容と共に、バックボーンにこういったドラマを感じていなかったと言えば嘘になるだろう。そういったドラマが、絶賛される内容の1部であったのではないか。

今回は、新たな挑戦だった。本当の意味で評価されるライブになるのかもしれない。新しいスタート。だから始まる前にそういった不安を持っていたのだろう。 しかし、感動のドラマを終えた後藤真希は、しっかりと新たな道へと進んでいた。それが感じられたのが嬉しかった。

今回はとことんいくぜ!というごっちんの意志が詰まっているのかもしれない。
とことん、とことん、とことんやり終えた後、そのとき後藤真希には何が見えてくるのだろう。今から楽しみだ。
まだまだ、このツアーは変っていく。まだまだ、行ける。。。

不満もある。レポート中にも書いたがメロン記念日とのMCコーナー。いや、MCコーナーだけではない。誤解を恐れずに書けば、メロン記念日の存在そのものかもしれない。後藤真希が後藤真希の臨むライブを実現すれば実現するほど、ゲストの存在は不要に感じるのかもしれない。なんていうか、春ツアーはごっちんとメロンがうまくバランスがとれて同じステージに立っていた。1つのステージを作っていた。けど、今回はごっちんのステージとメロンのステージがはっきり別れてしまっている感じがして。。。それがごっちんの狙いなのかも知れないけど。
まぁ、言いすぎかもしれないが、MI DA RA〜チャンスでのテンションの盛り下がり方は、ホント尋常でないくらい醒めてしまったので。。。

しかし、久々のライブ。自分自身にブランクを感じた ^ー^;
体が重い感じがした。ハロプロやメロンでは感じなかったんだけどなぁ。オイラも秋のツアー中にパワーアップしてくぞ ^ー^

しかし、「おふざけKISS」がなかった。。。_| ̄|○
このまま聴けなかったりして。。。え〜ん ^ー^;
サンデーフォークに改めて殺意 ^ー^;

五井で飲むと帰ってこれなくなりそうなので、市川まででて、ごまどらさんとクールダウンして解散。
ビールがうまかった。

やっぱりツアーが無いとだめだね♪